納付金・奨学金制度

上部へ戻る


納付金

納付金

noufukin_table

入学時納付諸費について

学友会費
入学と同時に全員が東北文化学園大学学友会正会員となります。年会費制度となっており、学生による各種課外活動、卒業アルバム作成、学園祭企画、学生リーダー会運営等、正課外の学生主体行事及び活動に用いられます。
学生保険料
※3.学生教育研究災害傷害保険( 通学特約、付帯賠責付き ) ◇略称:「 学研災 」・・・学研災は、看護学科以外の学生は全員加入します。( リハビリテーション学科は医学系保険料となります。 )学生の教育研究活動中の不慮の災害・事故及び課外活動中や通学途中の事故等、学校管理下におけるケガや事故を補償します。 * 学外を含む学生生活全般を24 時間補償する「 学生生活総合保険 」( 任意加入 )は別途ご案内します。
※4.看護学生総合補償制度「 Will 」( 一般社団法人日本看護学校協議会共済会 )・・・看護学科学生は、同補償制度の中の「 Will3 」タイプに全員加入します。授業や実習中の障害・賠償・感染事故( 微生物による感染事故を含む )はもとより、プライベートな時間も補償される国内外24 時間補償タイプの保険です。
同窓会費
入学と同時に学生会員として全員入会していただきます。( 終身会費のため、追加徴収はありません。)

* 入学時納付諸費に関する問い合わせ先:大学事務局 教務部学生課( 電話 022-233-6116 )

上部へ戻る


各種奨学支援制度

奨学支援制度は、多くの種類があり、学費を給付または貸与することによって
有為な人材の育成のため、経済的に支援することを目的としています。

本学の奨学金制度

東北文化学園大学特別奨学生制度「輝ける者奨学生」

入学試験成績優秀者の学納金・授業料の全額免除

本学では、大学入試センター試験利用入試(前期)及び一般選抜試験前期において特に優秀な成績を修めた者に対して、4年間の「授業料」「実験実習費及び施設設備費」等の全額免除の特典を与え、入学後の学業を奨励することを目的とした奨学制度を設けています。

(1)輝ける者奨学生Ⅰ

●採用枠:全学部学科の中から1 人

大学入試センター試験利用入試(前期)受験者の中から、特に優秀な成績を収め、試験の成績が基準を満たした最上位者に授業料、実験実習費及び施設設備費の全額を免除します。免除の期間は原則として入学後4 年間ですが、1年ごとに審査を行い継続を決定します。

(2)輝ける者奨学生Ⅱ

●採用枠:リハビリテーション学科3人、看護学科1人、保健福祉学科2人、総合政策学部2人、科学技術学部2人

一般選抜試験(前期日程)受験者の中から、優秀な成績を収め、試験の成績が基準を満たした上位者に授業料の全額を免除します。免除の期間は原則として入学後4年間ですが、1 年ごとに継続審査を行い決定します。

 

東北文化学園大学入学金免除制度

兄弟姉妹等優遇制度

東北文化学園大学に入学する者の兄弟姉妹及び父母が、東北文化学園大学または東北文化学園専門学校(旧設置校※を含む)の卒業生もしくは在学している場合に入学金を免除します。平成29年4月の時点で、兄弟姉妹及び父母が在学生の場合は入学金全額免除、卒業生の場合は入学金半額免除となります。

姉妹校優遇制度

学校法人東北文化学園大学が設置する学校(旧設置校※を含む)の卒業生等が、東北文化学園大学に入学する場合に入学金を全額免除します。

※旧設置校(宮城デザイン専門学校、東北工科美術専門学校、東北医療専門学校、東北商科専門学校、東北工科情報専門学校、東北情報工学専門学校、東北医療福祉専門学校、東北科学技術短期大学、アレン短期大学、アレン国際短期大学)

東日本大震災に伴う特別措置制度 受付中

東日本大震災で被災した者の入学検定料免除

本学では、東日本大震災で被災し、経済的に修学が困難となった者に対し、修学の機会を確保するために、次の被災区分に該当する場合、入学検定料を免除する特別措置制度を設けています。

【被災区分】

①東日本大震災により主たる家計支持者が死亡または行方不明の者

②東日本大震災により主たる家計支持者が所有する住居(持家)が全壊した者

③東日本大震災により主たる家計支持者が賃借する住居(借家)が津波により流失(全壊)した者

④東日本大震災時、東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴い政府指定の区域「帰宅困難区域」「居住制限区域」「避難指示解除準備区域」に主たる家計支持者の住居(持家または借家)があり、長期にわたって使用できない者

※「家計支持者」とは、学生の保護者で家計を支える者のことをいう。

※「家計支持者が所有する住居」及び「家計支持者が賃借する住居」とは、学生の父母に加えて同居する祖父母が所有または賃借する住居を含む。

詳細については下記書類[PDF]を確認いただき、申請をお願いいたします。

[PDFリンク]東日本大震災により被災した者に対する
入学検定料の特別措置制度について

[PDFリンク]申請書

学外団体の奨学金制度

詳細は各機関又は学校にお問い合わせください。

 

日本学生支援機構奨学金制度

第一種奨学金

人物、学業ともに優れ、かつ健康であって、1年次は高等学校または専修学校の高等課程2、3年生の成績が3.5以上、2年次以上は学部(科)の上位3分の1以内の者等で、経済的理由により著しく修学に困難がある学生を対象とし、本学の推薦に基づいて日本学生支援機構が選考します。

第二種奨学金

出身学校または、大学における学業成績が、平均水準以上にあると学長が認定した学生等で、経済的理由により修学に困難がある学生を対象とし、本学が選考し、日本学生支援機構が採用を決定します。

国の教育ローン

本学では、入学希望者のために低金利で融資する日本政策金融公庫の「国の教育ローン」を紹介しています。

民間の教育ローン

民間の教育ローンは、銀行、JA、保険会社等の金融機関が扱っています。

提携教育ローン

本学が提携したクレジット会社の学費ローンをご利用いただくことも可能です。詳細は下記をご覧ください。

オリコ「学費サポートプラン」(PDFチラシ)
インターネット申込 外部リンク
大学:学校コード 15195415 申し込みコード 0150
大学院:学校コード  15195423 申し込みコード 0150
[問合わせ先]オリコ 0120-517-325 平日9:30~17:30

セディナ「学費ローン」(PDFチラシ)
インターネット申込 外部リンク
[問合わせ先]セディナ 0120-686-909 平日9:30~17:30

医療系修学資金制度

医療・福祉系国家資格取得を目指す学部・学科については、都道府県・地方自治体ごとに修学資金貸与制度があります。

自治体奨学金制度

全国の都道府県、市町村などが、その出身者等を対象に実施している制度です。

その他の奨学金制度

民間団体の募集する奨学金制度については、その都度学内の掲示板でお知らせします。

上部へ戻る


スチューデントジョブ制度

学内で学生が行える有償ボランティア制度です。

「スチューデントジョブ(通称“SJ”)」とは、学内で学生が担える業務を有償ボランティアとして、東北文化学園大学・専門学校の在学生に斡旋する奨学支援制度です。この制度は、アメリカの大学などで行われている就学支援策がモデルになっています。学内で作業する“SJ”は、授業の空き時間を有効に利用して奨学資金を得ることができます。また、職員と協働することから、キャリア感の形成やマナーを身につけられるといったキャリアサポートの効果もあり、このような地道な活動を通じて社会意識も養われます。

SJイメージ1
時給:800円(基本)
※リーダーとして活躍すると900円となります。
活動人数:約650名
活動内容:キャンパスクリーンクルー
SJイメージ2

上部へ戻る