はじめに

専攻・課程別 3つのポリシー

【健康福祉専攻】

博士課程前期2年の課程

1. ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

① 「知識・理解」

健康で安全な生活の維持・長寿社会の創成に必要な保健医療福祉及びその応用に関する理論及び技術について理解している。

② 「思考・判断」

健康で安全な生活の維持・長寿社会の創成に必要な保健医療福祉及びその応用に関する理論及び技術について深く考察し、その妥当性を判断できる。

③ 「技能・表現」

保健医療福祉の高度な専門職性が求められる領域における深い知識、卓越した技能や研究能力を身に付けている。ナースプラクティショナー養成では保健師助産師看護師法に定める特定行為を確実に実施できる臨床能力を身に付けている。

④ 「関心・意欲」

保健医療福祉に関する高い学問的見識と研究能力を有し、高い倫理観を身に付け社会に貢献できる。

2. アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針) 

① 「知識・理解」

健康で安全な生活の維持・長寿社会の創成に必要な保健医療福祉及びその応用に関する理論及び技術について、深く学びたい者。

② 「思考・判断」 

健康で安全な生活の維持・長寿社会の創成に必要な保健医療福祉及びその応用に関する理論及び技術について、多面的かつ理論的に考察したい者。

③ 「技能・表現」

保健医療福祉に関する高度な専門技術、研究能力を獲得したい者。ナースプラクティショナー養成では看護師臨床経験5年以上を有し、保健師助産師看護師法に定める特定行為研修を受けたい者。

④ 「関心・意欲」

保健医療福祉に関する問題意識を持ち、研究課題を設定し、それを解決して社会に貢献する意欲のある者。ナースプラクティショナー養成ではチーム医療に貢献する意欲のある者。

3.  カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

ディプロマ・ポリシーを踏まえ、教育課程を編成し実施する。

① 「共通科目」

健康社会システム研究科に学ぶ学生が共通に理解しておくべき科目を設け、教授する。

② 「専門科目」

保健医療福祉、ナースプラクティショナー養成に関わる専門科目を設け、より専門性の高い事項について研究教授する。

博士課程後期3年の課程

1. ディプロマ・ポリシー

① 知識・思考

健康で安全な生活の維持・長寿社会の創成に必要な保健医療福祉に関する高度な専門知識を修得し、自立して問題を考察し、独創的な発想を有している。

② 技能・表現

豊かな学識に基づいて、保健医療福祉において独創的な研究を遂行でき、国際的な場で研究成果を発信できる。

③ 関心・意欲

社会的及び学問的ニーズを踏まえ、高い倫理と責任をもって、社会貢献しようとする熱意を有している。

2. アドミッション・ポリシー

① 健康で安全な生活の維持・長寿社会の創成に必要な保健医療福祉に関する高度な専門知識と技術を修得しようとする者。

② 健康で安全な生活の維持・長寿社会の創成に必要な保健医療福祉に関する高度な専門知識と技術を修得するための基礎理論及び思考能力を有している者。

③ 健康で安全な生活の維持・長寿社会の創成において、問題意識を持ち、それを解決して社会に貢献する意欲のある者。

3. カリキュラム・ポリシー

① 健康で安全な生活の維持・長寿社会の創成に必要な保健医療福祉に関する専門知識を体系的に教授するとともに、学際的視野を養成する。

② 研究活動を通して幅広い知識を身に付け、自ら研究課題を発見し、解決する能力を養う。

③ 学術会議等での研究発表を通して、コミュニケーション能力を鍛え、国際的視野を育成する。

【生活環境情報専攻】

博士課程前期2年の課程

1. ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

① 「知識・理解」

健康で安全な生活環境及び高度情報社会の維持・創成に必要な情報・環境及びその応用に関する理論及び技術について理解している。

② 「思考・判断」

健康で安全な生活環境及び高度情報社会の維持・創成に必要な情報・環境及びその応用に関する理論及び技術について深く考察し、その妥当性を判断できる。

③ 「技能・表現」

生活環境情報の高度な専門職性が求められる職業を担うための深い知識や卓越した技能や研究能力を身に付けている。

④ 「関心・意欲」

生活環境情報に関する高い学問的見識と研究能力を有し、高い倫理観を身に着け社会に貢献できる。

2. アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

① 「知識・理解」

健康・安全生活環境の維持・創成に必要な情報・環境及びその応用に関する理論及び技術について、深く学びたい者。

② 「思考・判断」

健康・安全生活環境の維持・創成に必要な情報・環境及びその応用に関する理論及び技術について、多面的かつ理論的に考察したい者。

③ 「技能・表現」

生活環境情報に関する高度な専門技術、研究能力を獲得したい者。

④ 「関心・意欲」

生活環境情報に関する問題意識を持ち、研究課題を設定し、問題を解決しようとする者。

3. カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

ディプロマ・ポリシーを踏まえ、教育課程を編成し実施する。

① 「共通科目」

健康社会システム研究科に学ぶ学生が共通に理解しておくべき科目を設け、教授する。

② 「専門科目」

生活情報科学、生活環境科学に関わる専門科目を設け、より専門性の高い事項について研究教授する。

博士課程後期3年の課程

1. ディプロマ・ポリシー

① 知識・思考

健康で安全な生活環境及び高度情報社会に関して高度な専門知識を修得し、自立して問題を考察し、独創的な発想を有している。

② 技能・表現

豊かな学識に基づいて、生活環境情報において独創的な研究を遂行でき、国際的な場で研究成果を発信できる。

③ 関心・意欲

社会的及び学問的ニーズを踏まえ、高い倫理と責任をもって、社会貢献しようとする熱意を有している。

2. アドミッション・ポリシー

① 健康で安全な生活環境及び高度情報社会において、高度な専門知識と技術を修得しようとする者。

② 健康で安全な生活環境及び高度情報社会において、高度な専門知識と技術を修得するための基礎理論及び思考能力を有している者。

③ 健康で安全な生活環境及び高度情報社会において、問題意識を持ち、それを解決して社会に貢献する意欲のある者。

3. カリキュラム・ポリシー

① 健康で安全な生活環境及び高度情報化社会において、専門知識を体系的に教授するとともに、学際的視野を養成する。

② 研究活動を通して幅広い知識を身に付け、自ら研究課題を発見し、解決する能力を養う。

③ 学術会議等での研究発表を通して、コミュニケーション能力を鍛え、国際的視野を育成する。

▶ 目次ページ に戻る