文学

科目ナンバリング
108021146

担当者
大野 朝子

 
常勤
教員研究室
1329
DP
1
配当年次
1年次・前期
授業形式
講義
授業時間
30時間
単位
選択 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 □グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク ☑該当なし

【授業内容】

文学作品は、それぞれの時代の世相を反映し、社会システム、家族、個人の生き方、ジェンダー、階層、犯罪、貧困など、様々な問題を提起しています。この講義では、まずはじめに現代における「文学」の位置づけと役割を、新聞、テレビ、インターネット、映画、音楽など、他のメディアとの関連性から探っていきます。受講生は講義を一方的に「聴く」だけではなく、毎週ミニレポート提出という形で文学を積極的に「読み」、「考え」、自分のことばに置き換える練習をします。


【学習の到達目標】

国内外の多種多様な文学作品の読解を通して歴史や文化を学び多角的な視座を身につける


【成績評価方法】

出席重視。ミニレポート50%・期末試験50%で採点する。

【課題等のフィードバック方法】

ミニ・レポートを回収した後、次週に学生のコメントを紹介し、文学の解釈を広げる。


【履修上の注意・予習・復習について】

遅刻、途中退室厳禁(大幅に減点する)。スマートフォンの使用を禁止する。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

文章表現を学び、日本語の運用能力を向上させることができる。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1大野 朝子オリエンテーション予習:授業で取り上げてほしい文学作品、作家についてアンケートをとるので、考えておくこと
復習:紹介した作家・作品について、図書館などで自分で調べて知識を深めておくこと
240
2大野 朝子日本の近代文学(江戸時代の影響)予習:江戸時代の文学(松尾芭蕉、井原西鶴など)について調べる
復習:紹介した作家・作品について、図書館などで自分で調べて知識を深めておくこと
240
3大野 朝子日本の近代文学
(自然主義文学と夏目漱石)
予習:「自然主義」文学と、漱石について調べる
復習:紹介した作家・作品について、図書館などで自分で調べて知識を深めておくこと
240
4大野 朝子日本の近代文学(白樺派の作家たち)予習:大正時代の文壇について調べる
復習:紹介した作家・作品について、図書館などで自分で調べて知識を深めておくこと
240
5大野 朝子日本の近代文学(プロレタリア文学)予習:プロレタリア文学について調べる
復習:紹介した作家・作品について、図書館などで自分で調べて知識を深めておくこと
240
6大野 朝子日本の戦後文学(左翼文学、無頼派)予習:左翼文学、無頼派の文学について調べる
復習:紹介した作家・作品について、図書館などで自分で調べて知識を深めておくこと
240
7大野 朝子現代日本文学の成立(「第三の新人」)予習:安岡章太郎などの「第三の新人」について調べる
復習:紹介した作家・作品について、図書館などで自分で調べて知識を深めておくこと
240
8大野 朝子現代日本文学(新しい作家たち)予習:村上龍、村上春樹など、現代の作家について調べる
復習:紹介した作家・作品について、図書館などで自分で調べて知識を深めておくこと
240
9大野 朝子海外の文学(英国)予習:シェイクスピアなど、英国の文学について調べる
復習:紹介した作家・作品について、図書館などで自分で調べて知識を深めておくこと
240
10大野 朝子海外の文学(アメリカ)予習:サリンジャーやヘミングウェイ、フィッツジェラルドについて調べる
復習:紹介した作家・作品について、図書館などで自分で調べて知識を深めておくこと
240
11大野 朝子海外の文学(フランス)予習:『レ・ミゼラブル』のユーゴ、プルーストなどの作家について調べる
復習:紹介した作家・作品について、図書館などで自分で調べて知識を深めておくこと
240
12大野 朝子海外の文学(ドイツ)予習:カフカなど、ドイツの作家について調べる
復習:紹介した作家・作品について、図書館などで自分で調べて知識を深めておくこと
240
13大野 朝子海外の文学(ロシア)予習:ドストエフスキー、トルストイについて調べる
復習:紹介した作家・作品について、図書館などで自分で調べて知識を深めておくこと
240
14大野 朝子翻訳文学の楽しみ方予習:村上春樹、岸本佐和子など、現代の人気翻訳家について調べる
復習:紹介した作家・作品について、図書館などで自分で調べて知識を深めておくこと
240
15大野 朝子まとめ予習:これまでの授業内容について、質問事項を考えておく
復習:学んだ内容について、理解できなかった部分を調べておく
240
教科書
適宜資料を配布し、テキストは使用しない。
参考書
沼野充義著『世界は文学でできている:対話で学ぶ<世界文学>連続講義』(光文社)、池澤夏樹著『世界文学を読みほどく』(新潮社)ほか。講義中に随時紹介する。
備考
なし