心理学

科目ナンバリング
108021149

担当者
小松 陽子

 
非常勤
教員研究室
非常勤講師室
DP
1
配当年次
1年次・前期
授業形式
講義
授業時間
30時間
単位
選択 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 □グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク ☑該当なし

【授業内容】

この授業では、人の学習、記憶、感情、性格、知能などについて学ぶことで心理学を概観し、基礎的な内容を学べるように設定している。内容はすべて人の「こころ」に関するものであるので、自分自身や他者に対する理解が深まるよう人間についての洞察力を養う。


【学習の到達目標】

心理学に関する基礎知識を身につけ、日常生活の行動と関連づけ理解できることを目標とする


【成績評価方法】

授業後に数回提出する出席カードに記載する意見や質問の内容(評価の10%)、中間テスト(評価の40%)、定期試験(評価の50%)により総合的に評価する。

【課題等のフィードバック方法】

出席カードに記載された内容に対し、次回講義時にフィードバックする。


【履修上の注意・予習・復習について】

基礎的学問でもあるので、意欲・関心をもって授業に臨んでほしい。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

日常にあふれる心理学に関するエピソードを理解することで、自身の行動を制御する可能性や人間関係について気をつけるべき点を知ることができる。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1小松 陽子オリエンテーション:講義の概要、心理学とは何か?シラバスを熟読し、心理学とはどんな学問なのか考えてみる。240
2小松 陽子学習理論について諸理論を学ぶ配布された資料と自身のノートを元に講義内容を復習する。学習理論に関連のある自身の行動をいくつか挙げてみる。240
3小松 陽子記憶の仕組みについて学ぶ配布された資料と自身のノートを元に講義内容を復習する。長期記憶と短期記憶の違いについて理解する。240
4小松 陽子やる気について学ぶ配布された資料と自身のノートを元に講義内容を復習する。何にやる気があり、何にやる気がないのか考え、その理由も考えてみる。240
5小松 陽子感情について学ぶ 配布された資料と自身のノートを元に講義内容を復習する。表情と感情の関連を考えてみる。240
6小松 陽子ストレスについて学ぶ配布された資料と自身のノートを元に講義内容を復習する。ストレッサーとコーピングについて考えてみる。240
7小松 陽子パーソナリティについて学ぶ~性格検査の実際~配布された資料と自身のノートを元に講義内容を復習する。性格検査の結果と自身が捉えるパーソナリティを比較してみる。240
8小松 陽子パーソナリティについて学ぶ配布された資料と自身のノートを元に講義内容を復習する。パーソナリティとは何なのか考えてみる。240
9小松 陽子知能について学ぶ配布された資料と自身のノートを元に講義内容を復習する。「かしこさ」とは何か考えてみる。240
10小松 陽子人の発達について学ぶ配布された資料と自身のノートを元に講義内容を復習する。発達に関して、生まれながらの性質か環境か、考えてみる。240
11小松 陽子発達課題について学ぶ配布された資料と自身のノートを元に講義内容を復習する。自身の発達課題について考えてみる。240
12小松 陽子乳幼児の心理について学ぶ配布された資料と自身のノートを元に講義内容を復習する。自身の子どもの頃を思い出し、変化について考えてみる。240
13小松 陽子発達障害について学ぶ配布された資料と自身のノートを元に講義内容を復習する。発達障害の人がどんなことに困っているかを考えてみる。240
14小松 陽子カウンセリングについて学ぶ ~カウンセリング理論について~配布された資料と自身のノートを元に講義内容を復習する。カウンセリングの態度と普段の人の話を聞く際の態度の違いを考えてみよう。240
15小松 陽子カウンセリングの実践について学ぶ~エクササイズ~これまでの配布された資料と自身のノートを元に講義内容を復習する。240
教科書
『心理学・入門』 有斐閣アルマ サトウタツヤ・渡邊 芳之
参考書
授業中に適宜紹介する。
備考
なし