現代思想

科目ナンバリング
1080211414

担当者
菅原 宏道

 
非常勤
教員研究室
非常勤講師室
DP
1
配当年次
1年次・後期
授業形式
講義
授業時間
30時間
単位
選択 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 □グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク ☑該当なし

【授業内容】

現代の哲学や思想は、伝統的な哲学と比較して、いわゆる「ものさし」が多元化し、広範な領野に進展している。この講義では、それらを、英米独仏の代表的な思想を通じて概観する。また、動物倫理の諸問題を通じて、公の政策やわれわれ自身が基づく思想の統合性について自身に即して考える。


【学習の到達目標】

思想というものを、画一的に、統一的、体系的な思考や判断の体系と見なすことなく、真偽、善悪、時代、社会、自然、あるいは力など様々な観点から、人生や社会に対して総合性を帯びたものへと向けるための起点を得ることができる。


【成績評価方法】

課題:40%
試験:60%

【課題等のフィードバック方法】

講義終了後など、適宜に質問を受け付けます。


【履修上の注意・予習・復習について】

講義は、毎回配布するレジュメに基づいて行います。この他、適宜に参考資料を配布します。科目の特性から、抽象的思考が必要とされます。内容の連関から、前期に開講する「哲学」と併せて履修することをおすすめします。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

公私様々な思想の対立において、有意な着地点のオプションをたてるための観点を得ることができるかも知れません。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1菅原 宏道イントロダクション、伝統的哲学と現代の思想配布レジュメ、資料240
2菅原 宏道現代思想の源流1:マルクス、ニーチェ配布レジュメ240
3菅原 宏道現代思想の源流2:フロイト、フッサール配布レジュメ240
4菅原 宏道言語の哲学:ウィトゲンシュタイン、他配布レジュメ、資料240
5菅原 宏道構造主義:ソシュール、レヴィ=ストロース配布レジュメ240
6菅原 宏道ポスト構造主義:フーコー、デリダ配布レジュメ240
7菅原 宏道プラグマティズム1:パース、ジェームズ配布レジュメ、資料240
8菅原 宏道プラグマティズム2:デューイ、ミード配布レジュメ、資料240
9菅原 宏道現代政治思想のための社会契約説と功利主義配布レジュメ、資料240
10菅原 宏道リベラリズム(ロールズ)、リバタリアニズム(ノージック)配布レジュメ240
11菅原 宏道コミュニタリアニズム(サンデル)、ケイパビリティ(セン)配布レジュメ240
12菅原 宏道動物倫理1:人間と動物との関わり合いの歴史概略配布レジュメ、資料240
13菅原 宏道動物倫理2:動物実験配布レジュメ、資料240
14菅原 宏道動物倫理3:肉食とベジタリアニズム配布レジュメ、資料240
15菅原 宏道動物倫理4:動物の権利配布レジュメ、資料240
教科書
ありません。
参考書
『本当にわかる現代思想』、岡本裕一朗(著)、日本実業出版社、2012年
『マンガで学ぶ動物倫理』、伊勢田哲治(著)、化学同人、2015年
備考
特にありません。