中国語Ⅱ

科目ナンバリング
1080211432

担当者
王  效紅

 
非常勤
教員研究室
非常勤講師室
DP
2
配当年次
1年次・後期
授業形式
演習
授業時間
60時間
単位
選択 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 □グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク ☑該当なし

【授業内容】

正しい発音を身につけることに重点をおく。簡単な文法事項を学習する。


【学習の到達目標】

中国語での簡単な日常会話ができるようになる。


【成績評価方法】

期末試験70%、平常点および授業に臨む態度30%で評価する。

【課題等のフィードバック方法】

講義終了後、不明な点について、質問を受け、解答する。また出席カードに質問を書いてもらい、多く出た質問に関してはその次の授業の冒頭で取り上げる。


【履修上の注意・予習・復習について】

授業中の口頭練習には、大きな声を出して、積極的に参加してください。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

簡単な中国語の会話力が身につけられる。文章表現の基礎が固まる。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1王  效紅前期授業内容の復習発音の基礎を覚える。基礎的な文法を習得する。60
2王  效紅第13課附属のCDの音声を聞き、発音に慣れる。60
3王  效紅第14課附属のCDの音声を聞き、発音に慣れる。60
4王  效紅第15課附属のCDの音声を聞き、発音に慣れる。60
5王  效紅第16課附属のCDの音声を聞き、発音に慣れる。60
6王  效紅第17課附属のCDの音声を聞き、発音に慣れる。60
7王  效紅第18課附属のCDの音声を聞き、発音に慣れる。60
8王  效紅復習・応用練習附属のCDの音声を聞き、発音に慣れる。60
9王  效紅第19課附属のCDの音声を聞き、発音に慣れる。60
10王  效紅第20課附属のCDの音声を聞き、発音に慣れる。60
11王  效紅第21課附属のCDの音声を聞き、発音に慣れる。60
12王  效紅第22課附属のCDの音声を聞き、発音に慣れる。60
13王  效紅第23課附属のCDの音声を聞き、発音に慣れる60
14王  效紅第24課附属のCDの音声を聞き、発音に慣れる。60
15王  效紅既習事項のまとめ授業で学習した内容を一通り復習する。60
教科書
『大学生のための初級中国語24回』杉野元子・黄漢青著(白帝社)
参考書
授業の中で、必要に応じてアドバイスをしていく。
備考
なし