基礎ゼミナールⅠ

科目ナンバリング
1080311461

担当者
○立花顕一郎・久保田茂裕・文  慶喆・秡川 信弘・大野 朝子・淡路 智典・王   元・増井三千代・馬内 里美・河本  進

 
常勤
教員研究室
1223
DP
1,2,3,4
配当年次
1年次・通年
授業形式
講義
授業時間
30時間
単位
必修 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 ☑ディスカッション・ディベート
 ☑グループワーク ☑プレゼンテーション ☑実習・フィールドワーク □該当なし

【授業内容】

ノートテイキング、図書館の利用法をはじめとした情報検索スキル、ワード・エクセルの使い方、論文を書く際の約束事、パワーポイントでの発表方法など大学生活に必要なアカデミックスキルを身に付ける。


【学習の到達目標】

基本的な大学での学習に必要な能力を身に付けることにより、3年次に選択する専門ゼミナールに入った時点で基本的な情報収集・レポート執筆・プレゼンテーションができるようになっていること。


【成績評価方法】

出席、課題提出、受講態度などを総合的に判断する。

【課題等のフィードバック方法】

別途説明する。


【履修上の注意・予習・復習について】

テストは行わず日々の課題の達成状況などで評価をするので、出席はもちろんのこと、課題提出などはきちんと期間内に行うこと。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

情報収集方法や論文の基礎知識といった基礎的なアカデミックスキルを得ることにより、大学生に必要な学士力の基礎固めができる。またパソコンのスキルやプレゼンの方法なども習得できる。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1立花顕一郎ガイダンスシラバスを熟読し、履修の計画を立てる240
2立花顕一郎図書館の利用方法図書館に行き、さまざまな利用方法を確認する240
3立花顕一郎ノートテイキングの方法履修中の授業で、適切なノートテイキングをできるようにする240
4立花顕一郎レポートの書き方①事実と意見の違いを理解する240
5立花顕一郎レポートの書き方②テーマを決めて、目標規定文を考える240
6立花顕一郎ワードの使い方ワードの基本的な使い方を理解する240
7立花顕一郎エクセルの使い方エクセルの基本的な使い方を理解する240
8立花顕一郎書評の書き方本を読み、書評を書く240
9立花顕一郎レポートの作成①アウトラインを決定する240
10立花顕一郎レポートの作成②レポートの本文を完成させる240
11立花顕一郎パワーポイントの使い方①パワーポイントの基本的な使い方を理解する240
12立花顕一郎パワーポイントの使い方②レポートのパワーポイントを完成させる240
13立花顕一郎プレゼンテーション①自分の発表準備と他のゼミ生の発表を評価する240
14立花顕一郎プレゼンテーション②自分の発表準備と他のゼミ生の発表を評価する240
15立花顕一郎まとめ講義全体の内容を理解する240
教科書
開講時に指示する。
参考書
開講時に指示する。
備考
特になし