政策基礎数理Ⅰ

科目ナンバリング
1080321481

担当者
河本  進

 
常勤
教員研究室
1228
DP
1,2
配当年次
1年次・後期
授業形式
講義
授業時間
30時間
単位
選択 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 □グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク ☑該当なし

【授業内容】

政策科学、より広く社会科学においては、理論を記述したり、データを解析したり、様々なシーンで数理的手法が用いられている。本科目では、数理的手法を理解するうえで必要な数学の基礎理論の中から、1次関数などの基本的な関数と微分法の基礎に関する講義を行う。また、講義で扱う例題の中で、社会科学への応用事例をできる限り紹介する。


【学習の到達目標】

・社会現象を数式で表現するのに必要な基本的な道具を理解すること。
・様々な社会現象を数式で表現出来るようにすること。


【成績評価方法】

定期試験(50点)、演習課題・平常点(30点)、レポート(20点)で総合的に評価する。なお、6日以上欠席した学生の成績評価は「履修放棄(F)」とする。また、遅刻は講義ごとに1点減点する。

【課題等のフィードバック方法】

授業毎に課す演習課題について、次の授業で解答例を配布するか、解説を行う。


【履修上の注意・予習・復習について】

知識を積み上げていく講義なので、講義を理解するには「休まず出席すること」と「復習を欠かさないこと」が重要である。また、理解を深めるためには、基本的事項を計算することが必要不可欠である。それゆえ、授業毎に復習用の演習課題を課す。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

数学は、経済や金融など社会科学の理論を説明するうえで基本的な道具である。それゆえ、社会科学の理論を正しく理解するのには、数学の知識が必要である。
また、一般企業の就職試験でも数学の問題が出題される時代なので、数学に慣れ親しむことは就職試験を勝ち抜くためにも重要である。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1河本  進社会科学の数学シラバスを熟読し、履修の計画を立てる。240
2河本  進1次関数(1)復習用の演習課題を課す。240
3河本  進1次関数(2)復習用の演習課題を課す。240
4河本  進2次関数(1)復習用の演習課題を課す。240
5河本  進2次関数(2)復習用の演習課題を課す。240
6河本  進色々な関数復習用の演習課題を課す。240
7河本  進指数関数復習用の演習課題を課す。240
8河本  進対数関数復習用の演習課題を課す。240
9河本  進等比数列復習用の演習課題を課す。240
10河本  進数列の極限値復習用の演習課題を課す。240
11河本  進関数の極限値と微分係数復習用の演習課題を課す。240
12河本  進導関数の求め方復習用の演習課題を課す。240
13河本  進関数の極値復習用の演習課題を課す。240
14河本  進微分の応用事例復習用の演習課題を課す。240
15河本  進まとめ授業全体の内容を理解する。240
教科書
未定
参考書
講義で指示をする。
備考