政治過程論

科目ナンバリング
1080431486

担当者
星野  修

 
非常勤
教員研究室
非常勤講師室
DP
1,2
配当年次
2年次・後期
授業形式
講義
授業時間
30時間
単位
選択 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 □グループワーク ☑プレゼンテーション □実習・フィールドワーク □該当なし

【授業内容】

利益集団、政党、官僚、経済界、マス・メディアなどの政策決定過程に影響をおよぼす行為主体(アクターを個別的に考察し、政治過程論の基礎的な概念と理論とを講義する。
受講者の興味を抱きやすい具体的事例を取り上げ、平易に解説し、講義を進めていく。


【学習の到達目標】

政治過程論の基礎的な概念と理論とを、現代政治分析において駆使できるようになる。


【成績評価方法】

平常点(演習問題への解答)15%、小テスト15%、定期試験70%で、評価する。

【課題等のフィードバック方法】

次の講義において前回学んだ内容の演習問題を受講者に解答してもらう。また、講義終了後に、質問を受け、回答する。


【履修上の注意・予習・復習について】

遅刻は特段の理由がない限り認めない。授業中の飲食、スマホ使用は厳禁。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

日本政治の現状とその動向が理解できるようになり、新聞・テレビ等の政治報道への関心が高まり、社会的な基礎知識を身に着けることができる。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1星野  修1 講義の概要と講義の進め方について講義関連資料(新聞等)の収集240
2星野  修2-1 組織された集団(鉄の三角同盟)演習問題の解答準備240
3星野  修2-2 組織された集団(多元的民主主義)演習問題の解答準備240
4星野  修3-1 官と民の関係(市場の失敗)演習問題の解答準備240
5星野  修3-2 官と民の関係(政府の失敗)演習問題の解答準備240
6星野  修4 大企業と政治演習問題の解答準備240
7星野  修5 選挙と政治演習問題の解答準備240
8星野  修6 地方分権演習問題の解答準備240
9星野  修7-1 国会①演習問題の解答準備240
10星野  修7-2 国会②演習問題の解答準備240
11星野  修8 マス・メディアと政治演習問題の解答準備240
12星野  修9-1 内閣と総理大臣①演習問題の解答準備240
13星野  修9-2 内閣と総理大臣②演習問題の解答準備240
14星野  修10 官僚と官僚組織演習問題の解答準備240
15星野  修11 国境を越える政治定期試験の準備240
教科書
北山俊哉・久米郁男・真淵勝『はじめて出会う政治学』第3版、有斐閣
参考書
講義中に紹介する。
備考
演習問題の解答と解説の際には、受講者の積極的な参加を期待します。