会社法

科目ナンバリング
1080441490

担当者
佐藤 康浩

 
非常勤
教員研究室
非常勤講師室
DP
2
配当年次
3年次・前期
授業形式
講義
授業時間
30時間
単位
選択 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 □グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク ☑該当なし

【授業内容】

株式会社を中心に、会社法の基礎知識を解説する。


【学習の到達目標】

将来、社会人として企業活動に携わる際に必要とされる企業主体に関する法制度についての知識を備えさせたい。


【成績評価方法】

期末試験(80%)に平常点(20%)を加味する。

【課題等のフィードバック方法】

講義終了後、質問を受け付け回答する。


【履修上の注意・予習・復習について】

講義中、他の学生に迷惑を及ぼす行為(私語等)は厳重に禁止する。
授業後の復習に重点を置くことが望ましい。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

会社法に関する基礎知識を習得することにより、将来、民間企業の経営者もしくは従業員として企業活動に携わる際に、上記の講義によって得られた知識が役立つことを期待したい。
現役の弁護士が、株式会社の事例を中心に会社法について講義する。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1佐藤 康浩ガイダンス
総論
配布したレジュメ及び当日の講義で板書した内容について、六法を参照しながら復習すること(予習よりも復習に重点を置くことが望ましい)240
2佐藤 康浩会社法の法源と構造同上240
3佐藤 康浩株式と株主同上240
4佐藤 康浩株式譲渡自由の原則と譲渡の制限同上240
5佐藤 康浩株式会社の機関①(総論)同上240
6佐藤 康浩株式会社の機関②(株主総会)同上240
7佐藤 康浩株式会社の機関③(取締役・取締役会・代表取締役)同上240
8佐藤 康浩株式会社の機関④(その他の機関)同上240
9佐藤 康浩役員等の責任同上240
10佐藤 康浩株式会社の計算同上240
11佐藤 康浩株式会社の資金調達①(募集株式の発行等)同上240
12佐藤 康浩株式会社の資金調達②(新株予約権・社債)同上240
13佐藤 康浩株式会社の設立同上240
14佐藤 康浩会社の組織再編(合併・会社分割・株式交換・株式移転)同上240
15佐藤 康浩株式会社の解散同上240
教科書
六法(小型のもので構わない)
参考書
田中亘「会社法」(第2版)(東京大学出版会、2018年)
その他、講義の中で、適宜紹介する。
備考