経営戦略

科目ナンバリング
10804314103

担当者
菊池 宏之

 
常勤
教員研究室
 
DP
1,2
配当年次
2年次・後期
授業形式
講義
授業時間
30時間
単位
選択 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 □グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク ☑該当なし

【授業内容】

経営戦略についての様々な概念や理論を理解するとともに、企業が実際にとっている経営戦略を学ぶ。そこで企業の実践的取り組みと歴史的展開、その展開の過程である学説を中心に学び、今日の経営戦略についても概観していく。このような取り組みは、営利性を強化するものであるが、同時に企業には社会性が必要なことも併せて学び、企業の社会的責任で、経営戦略の重要なポイントとなっている。


【学習の到達目標】

①経営戦略とは、何かを理解することができる。②経営戦略の視点から、企業行動を分析し、第三者に説明できる。③企業・組織には営利性と社会性の2つの側面があることを理解できる。


【成績評価方法】

期末テスト(60%)、小レポート・テスト30%、授業参画度10%)で総合的に評価する。評価基準は、大学の評価基準に準拠することを前提にする。

【課題等のフィードバック方法】

毎回の授業終了後に、授業内容について質問を受け付ける。小レポートや小テストの解説は次の授業で行う。


【履修上の注意・予習・復習について】

欠席が3分の1を超えると、期末試験の受験資格を失う。しかし、公認欠席や公共交通機関の遅延などについては、欠席や遅刻扱いに含めないので、不明な点は教員に確認・相談すること。なお、授業中の私語とスマートホン操作は厳禁であり、何度注意しても改善が見られない場合には、期末試験の受験資格を失う場合もある。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

本授業を受講して得られるメリットには、①将来の就職活動の際の企業選択や企業・業界研究にも役立つ、②職業人として、長期的に活躍していくための基礎を築けるという2点がある。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1菊池 宏之オリエンテーション、経営学の全体像の理解を目指す予習:新聞・ニュースなどで企業のことを調べてくる。
復習:配布資料を見返す。
240
2菊池 宏之企業を理解する(1) 予習:新聞・ニュースなどで企業のことを調べてくる。
復習:配布資料を見返す。
240
3菊池 宏之企業を理解する(2)予習:新聞・ニュースなどで企業のことを調べてくる。
復習:配布資料を見返す。
240
4菊池 宏之経営戦略の誕生と歴史(1)予習:新聞・ニュースなどで企業のことを調べてくる。
復習:配布資料を見返す。
240
5菊池 宏之経営戦略の誕生と歴史(2)予習:新聞・ニュースなどで企業のことを調べてくる。
復習:配布資料を見返す。
240
6菊池 宏之外部環境分析(1)と事例予習:新聞・ニュースなどで企業のことを調べてくる。
復習:配布資料を見返す。
240
7菊池 宏之外部環境分析(2)と事例予習:新聞・ニュースなどで企業のことを調べてくる。
復習:配布資料を見返す。
240
8菊池 宏之自社能力分析予習:新聞・ニュースなどで企業のことを調べてくる。
復習:配布資料を見返す。
240
9菊池 宏之事業戦略と事例 予習:新聞・ニュースなどで企業のことを調べてくる。
復習:配布資料を見返す。
240
10菊池 宏之企業戦略と事例(1)予習:新聞・ニュースなどで企業のことを調べてくる。
復習:配布資料を見返す。
240
11菊池 宏之企業戦略と事例(2)予習:新聞・ニュースなどで企業のことを調べてくる。
復習:配布資料を見返す。
240
12菊池 宏之経営戦略の実行と事例予習:新聞・ニュースなどで企業のことを調べてくる。
復習:配布資料を見返す。
240
13菊池 宏之経営戦略の社会性と事例予習:新聞・ニュースなどで企業のことを調べてくる。
復習:配布資料を見返す。
240
14菊池 宏之誠実さを目指す経営戦略と事例予習:新聞・ニュースなどで企業のことを調べてくる。
復習:配布資料を見返す。
240
15菊池 宏之全体のまとめと期末テストへ向けて予習:新聞・ニュースなどで企業のことを調べてくる。
復習:配布資料を見返す。
240
教科書
授業時に指示する。
参考書
矢口義教(2014)『震災と企業の社会性・CSR―東日本大震災における企業活動とCSR―』創成社
佐久間信夫・井上善博・伊藤忠治編著(2017)『地方創生のビジョンと戦略』創成社
備考
とくになし。