企業IT戦略論

科目ナンバリング
10804414118

担当者
菊池 宏之

 
常勤
教員研究室
 
DP
2
配当年次
4年次・前期
授業形式
講義
授業時間
30時間
単位
選択 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 ☑ディスカッション・ディベート
 □グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク □該当なし

【授業内容】

今日では、デジタル化の進展でICT(情報技術)の発展が目覚ましいこともあり、ICT と組織との関わりに着目し理解することが必要になっている。本講義では、ICT環境を前提に、企業組織が如何に有効な情報処理を行い得るかについて、多面的に考察することをねらいとします。システムや部品調達から生産・物流・販売までの工程を効率化・最適化する供給連鎖管理(Supply Chain Management:SCM)など、幅広くテーマ別に紹介しながら、企業においてどのようなITや情報システムが導入され、活用されているのかを学習する。


【学習の到達目標】

企業IT 戦略論の基礎となる理論や概念を学び、これらを実際の企業活動の事例における様々な角度から考察することで、如何にして企業組織が一つの有効な情報システムとして機能し得るのかについての理解を高める。そのうえで、「企業に導入されているITや情報システムの役割がわかる」ことを目標とする。


【成績評価方法】

学期末試験60%、レスポンスカード30%、授業参画度10%にて総合評価する。
なお、大学の授業評価基準に準拠する。

【課題等のフィードバック方法】

テストの解説を次の授業で行う。講義終了後、質問を受け付け回答する。


【履修上の注意・予習・復習について】

専門用語が多いため、事前に単語の意味を調べておくことが重要である。また、ITや情報システムは日進月歩なため、新聞や雑誌等を見て最新情報や動向に興味をもってください。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

企業に導入されているITや情報システムの状況と役割を理解できる。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1菊池 宏之オリエンテーション、経営情報システムの概要予習:特になし。
復習:教科書等を読み返し、授業内容を確認する。
240
2菊池 宏之経営情報システムの概要予習:事前配布した資料を読む。
復習:教科書等を読み返し、授業内容を確認する。
240
3菊池 宏之組織の情報処理~なぜ組織は情報を処理するのか予習:事前配布した資料を読む。
復習:教科書等を読み返し、授業内容を確認する。
240
4菊池 宏之組織と意思決定~意思決定プロセス予習:事前配布した資料を読む。
復習:教科書等を読み返し、授業内容を確認する。
240
5菊池 宏之システムとネットワーク~システムやネットワークに関する概念予習:事前配布した資料を読む。
復習:教科書等を読み返し、授業内容を確認する。
240
6菊池 宏之ネットワークの法則~ネットワーク分析予習:事前配布した資料を読む。
復習:教科書等を読み返し、授業内容を確認する。
240
7菊池 宏之競争戦略と情報活用~経営情報システムの役割予習:事前配布した資料を読む。
復習:教科書等を読み返し、授業内容を確認する。
240
8菊池 宏之経営戦略と経営情報システム予習:事前配布した資料を読む。
復習:教科書等を読み返し、授業内容を確認する。
240
9菊池 宏之経営情報システムの変遷(1)予習:事前配布した資料を読む。
復習:教科書等を読み返し、授業内容を確認する。
240
10菊池 宏之経営情報システムの変遷(2)予習:事前配布した資料を読む。
復習:教科書等を読み返し、授業内容を確認する。
240
11菊池 宏之経営情報システムの現状予習:事前配布した資料を読む。
復習:教科書等を読み返し、授業内容を確認する。
240
12菊池 宏之ナレッジ・マネジメント予習:事前配布した資料を読む。
復習:教科書等を読み返し、授業内容を確認する。
240
13菊池 宏之情報活用と組織知予習:事前配布した資料を読む。
復習:教科書等を読み返し、授業内容を確認する。
240
14菊池 宏之ネット・ビジネスの展開と情報セキュリティ予習:事前配布した資料を読む。
復習:教科書等を読み返し、授業内容を確認する。
240
15菊池 宏之総まとめと学期末試験のポイント特になし。240
教科書
授業中に指示する。
参考書
遠山暁・村田潔・岸眞理子『経営情報論(新版補訂)』 有斐閣、2015年
備考
特になし。