文化政策論

科目ナンバリング
10804414121

担当者
志賀野桂一

 
非常勤
教員研究室
非常勤講師室
DP
2
配当年次
3年次・前期
授業形式
講義
授業時間
30時間
単位
選択 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 □グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク ☑該当なし

【授業内容】

戦前戦後の文化政策の歴史や、現代日本の文化政策の課題と展望を探ります。 


【学習の到達目標】

文化政策に関する基本的な知識を身につける。


【成績評価方法】

平常点10%、期末試験80%、小テスト(1~2回を予定)10%

【課題等のフィードバック方法】

中間で、討論などの時間を設け、自分たちの認識度を自ら確認させる。


【履修上の注意・予習・復習について】

授業終了後、出席者カードに授業内容に関する感想や質問等を 書いて提出すること。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

・地域や社会に貢献するための知見や発想を身につけることができる。
仙台市の文化行政責任者としての経験をもつ教員が、具体的な文化政策や政策立案について講義する。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1志賀野桂一文化政策の歴史1240
2志賀野桂一文化政策の歴史2240
3志賀野桂一文化政策の歴史3240
4志賀野桂一日本の文化政策(文化振興法1)240
5志賀野桂一日本の文化政策(文化振興法2)240
6志賀野桂一日本の文化政策(劇場法1)240
7志賀野桂一日本の文化政策(劇場法2)240
8志賀野桂一地方都市の文化政策(事例研究)240
9志賀野桂一地方都市の文化政策(事例研究)仙台市240
10志賀野桂一地方都市の文化政策(事例研究)仙台市240
11志賀野桂一地方都市の文化政策(事例研究)宮城県ン240
12志賀野桂一地方都市の文化政策(事例研究)多賀城y氏240
13志賀野桂一舞台製作とまちづくり事例
八戸市
240
14志賀野桂一舞台製作とまちづくり事例
白河市
240
15志賀野桂一舞台製作とまちづくり事例
まとめ
240
教科書
特に指定しない。
参考書
「総合政策学部紀要」2017年3月号、志賀野桂一著ほか
授業のなかで適宜紹介する。
備考
「総合政策学部紀要」2017年3月号、志賀野桂一著ほか
授業のなかで適宜紹介する。