中国研究

科目ナンバリング
10804414124

担当者
王   元

 
常勤
教員研究室
1324
DP
2,3
配当年次
3年次・前期
授業形式
講義
授業時間
30時間
単位
選択 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 □グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク ☑該当なし

【授業内容】

中国の発展は本物であるのか、チャンスかそれとも脅威か。特に米中貿易摩擦により中国の未来への展望が急に不透明になってきた。西洋の問題意識と学術概念をもって、中国に当てはめることは、あらゆるところからずれ、ねじれ現象が生じる。そして、研究方法がミクロ分析に頼りすぎていることで、巨大な中国を見る時、乱反射がおきて全貌が見えなくなってしまったのではないだろうか。中国社会の実態について様々な側面から分析し、現体制が直面する課題について検討する。


【学習の到達目標】

中国の全体像を掴むため、細部にこだわらず、出来るだけマクロ的な視点に立ち、その全貌を見る。これが本講義の目標である。授業運営は講義形式を中心とする。途中、画像・映像資料を用いた解説などを挟む予定。


【成績評価方法】

定期試験60%(教科書持ち込み:可)、出席状況40%

【課題等のフィードバック方法】

予習・復習を求めます。講義内容に関する質問を以下のアドレスへと送信すれば、個別に回答する。ywang@pm.tbgu.ac.jp


【履修上の注意・予習・復習について】

出席は毎回取る。特別な事情が無い限り、欠席は減点の対象となる。さらに、出席が大学の規定に満たない場合、期末試験の受験資格を失うので注意すること。講義中の質問は大歓迎。中途退出は原則禁止。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

マクロ的な視野の養成。中国社会の現状と問題点、とりわけ中国社会の特殊性について理解することと、中国社会をマクロ的視点から見る眼を養って、自分で中国の将来像などについて考えゆく手がかりを得られる。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1王   元オリエンテーション日本にとって「中国とは何か」について考えましょう。240
2王   元文明の基本空間⑴中国の地理、気候の基本的特徴について予習し、ノートをもとに議論の内容を復習する。240
3王   元文明の基本空間⑵地域と文化社会の多様さについて予習し、ノートをもとに議論の内容を復習する。240
4王   元文明の基本空間⑶人口と民族地図の形成について予習し、ノートをもとに議論の内容を復習する。240
5王   元民族問題⑴漢民族と少数民族について予習し、ノートをもとに議論の内容を復習する。240
6王   元民族問題⑵中国の民族政策について予習し、ノートをもとに議論の内容を復習する。240
7王   元人間関係儒教思想と社会的協力関係について予習し、ノートをもとに議論の内容を復習する。240
8王   元衣食住中国人が生活していく上で必要な、食事、衣服、居住について予習し、ノートをもとに議論の内容を復習する。240
9王   元対外関係中華思想と外交政策について予習し、ノートをもとに議論の内容を復習する。240
10王   元政治体制中央と地方関係について予習し、ノートをもとに議論の内容を復習する。240
11王   元環境問題環境問題と対策について予習し、ノートをもとに議論の内容を復習する。240
12王   元経済発展中国の経済発展と大国化について予習し、ノートをもとに議論の内容を復習する。240
13王   元社会変動のリズム中国社会変動の周期性と地域性について予習し、ノートをもとに議論の内容を復習する。240
14王   元近代化これまで100年の歩みと今後の展望について予習し、ノートをもとに議論の内容を復習する。240
15王   元総復習240
教科書
熊達雲・毛桂栄・王元・劉迪編著『中国政治概論』明石書店 2015年
参考書
王元編著『現代中国の軌跡』白帝社 ¥1,800
その他は随時指示する。
備考
特になし。