政治学

科目ナンバリング
1030111616

担当者
王   元

 
常勤
教員研究室
1324
DP
3
配当年次
1年次・前期
授業形式
講義
授業時間
30時間
単位
選択 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 □グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク ☑該当なし

【授業内容】

人間は社会的動物である。政治は人間の社会的利害を調整するしくみである。人々が生活する社会における秩序を形成し、維持し、修正し、また時には破壊することを通じて実行される活動と手段である。
政治学は古代ギリシアに誕生して以来、長い歴史を刻んできた。しかし、政治行動の判断基準や結論には必ずしも法則性があるとは言い難い。むしろ、政治を担う人の個性やイデオロギー、感情、さらには偶然性に左右される側面もある。総合的に知識や手法も駆使して最善の政策決定を促すところに、政治学の目的や妙味がある。
政治学の基礎知識と発想方法を解説する。政治学の面白さと大切さを伝え、政治現象一般を把握する視点を身に付けてもらうことがこの講義のねらいである。講義形式を基本とする。ただし適宜ビデオ教材を利用する。


【学習の到達目標】

近代社会の特徴、主たる政治思想の歴史、自由主義と民主主義の思想などについて基本的な知識を習得することをめざす。併せて政治現象への洞察力を高め、政治判断の能力を培いたい。


【成績評価方法】

期末試験(70%)の成績に、出席(30%)などを加味する。

【課題等のフィードバック方法】

授業終了後、質問を受け付け、回答します。


【履修上の注意・予習・復習について】

私語及び携帯電話の使用禁止。受け身にならず、自ら探究心を持つことが重要だ。政治問題への関心を抱き、まず新聞を読む習慣を身に付けてほしい。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

政治現象を分析するための概念と手法を身につけ、各種の資格試験に必要な政治分野の基礎知識を学ぶことができる。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1王   元ガイダンス:政治学概念と体系政治とは何か
政治学とは何か
240
2王   元現代の諸価値とイデオロギー自由、理性と法の支配
民主主義との関係
240
3王   元国家統治と主権主権概念の史的経緯
市民社会・国民国家の成立と政治的統合
240
4王   元権力権力の性質
支配・権威・リーダーシップ・影響とソフトパワー
240
5王   元集権と分権政治集権と中央・地方の権力関係
地方自治の意義・過疎と過密
240
6王   元政治参加代表制の類型と選挙制度
投票行動と政治無関心
240
7王   元政党政治代議制民主主義における政党の機能と組織
議会の機能・審議過程と野党の役割
240
8王   元世論と政治マスメディアと世論の形成
圧力団体発生の原因と活動
240
9王   元官僚制政治と行政
官僚制の概念と官僚制化
240
10王   元政策決定公共政策の概念と政策過程
政策科学の発達
240
11王   元政治文化と政治発展政治意識
民主主義の維持と拡大
240
12王   元国際政治国際政治と国内政治
グロバリゼション
240
13王   元代表的な政治体制議院内閣制、大統領制と党国体制
米国、英国、日本と中国などそれぞれの特徴
240
14王   元現代政治の課題福祉国家の成立、維持と発展240
15王   元総括と展望240
教科書
教科書は用いず、適宜プリントを配布する。
参考書
堀江湛・岡沢憲夫編『現代政治学』(法学書院、2011)。
備考
日々の新聞を読み、国内と国際政治惰勢の把握に努められたい。