障害者心理学

科目ナンバリング
1030531688

担当者
柴田  寛

 
常勤
教員研究室
1413
DP
1
配当年次
2年次・前期
授業形式
講義
授業時間
30時間
単位
選択 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 ☑ディスカッション・ディベート
 □グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク □該当なし

【授業内容】

障害の概念や多面的な捉え方、分類について学び、主に視覚障害、聴覚障害、知的障害、発達障害、精神障害の心理・行動的特徴を概説する。障害者心理を理解するうえで必要となる生理学的、心理学的な知識も説明する。


【学習の到達目標】

障害者心理学に関する基礎的な内容を正しく理解できるようになる。障害者心理学に関する基本的な用語を正しく使うことができるようになる。


【成績評価方法】

平常点10%、小テスト10%、定期試験80%
※大学既定の出席数を満たしていること
※毎回の確認テストとは別に小テストを行う

【課題等のフィードバック方法】

毎回、授業で取り上げた事項についての確認テストを行う。直後に答え合わせを行うとともに、間違いが多かった問題を中心に次回の授業で解説を行う。


【履修上の注意・予習・復習について】

確認テストで間違えた個所を中心に講義内容について復習しておくこと。講義内容についてのプリントは当日に配布する。予習よりも復習に力を入れて学習して、理解の定着を図ること。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

障害者心理学の領域に関する基礎知識が得られる(国家試験範囲とも関連する)。障害のもつ意味、障害のある人との関わり方について考えてほしい。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1柴田  寛障害者心理学とは?復習:ノートと配布プリントを見直す、確認テストで間違ったところを見直す240
2柴田  寛障害の分類と捉え方復習:ノートと配布プリントを見直す、確認テストで間違ったところを見直す240
3柴田  寛視覚機能と視覚障害(1)復習:ノートと配布プリントを見直す、確認テストで間違ったところを見直す240
4柴田  寛視覚機能と視覚障害(2)復習:ノートと配布プリントを見直す、確認テストで間違ったところを見直す240
5柴田  寛視覚機能と視覚障害(3)復習:ノートと配布プリントを見直す、確認テストで間違ったところを見直す240
6柴田  寛聴覚機能と聴覚障害復習:ノートと配布プリントを見直す、確認テストで間違ったところを見直す240
7柴田  寛知的障害復習:ノートと配布プリントを見直す、確認テストで間違ったところを見直す240
8柴田  寛発達障害(1)復習:ノートと配布プリントを見直す、確認テストで間違ったところを見直す240
9柴田  寛発達障害(2)復習:ノートと配布プリントを見直す、確認テストで間違ったところを見直す240
10柴田  寛発達障害(3)復習:ノートと配布プリントを見直す、確認テストで間違ったところを見直す240
11柴田  寛精神障害(1)復習:ノートと配布プリントを見直す、確認テストで間違ったところを見直す240
12柴田  寛精神障害(2)復習:ノートと配布プリントを見直す、確認テストで間違ったところを見直す240
13柴田  寛精神障害(3)復習:ノートと配布プリントを見直す、確認テストで間違ったところを見直す240
14柴田  寛障害の受容(小テスト)事前にプリントを渡すので読んでくること240
15柴田  寛まとめ240
教科書
なし
参考書
佐藤新治ほか(著)『障害児・障害者心理学特論』放送大学教育振興会
井澤信三・小島道生(編著)『障害児心理学入門』ミネルヴァ書房
備考
なし