生理心理学

科目ナンバリング
1030521689

担当者
荒井 崇史

 
非常勤
教員研究室
非常勤講師室
DP
1
配当年次
2年次・後期
授業形式
講義
授業時間
30時間
単位
選択 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 □グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク ☑該当なし

【授業内容】

私たちは、悲しいときには胸が締め付けられるように感じたり、うれしくなると飛び跳ねたくなります。このように心と体は密接に結びついています。
生理心理学は、心のはたらきが身体によってどのように支えられているか、特に脳や神経系のはたらきがどのように心の状態と関わっているのかを明らかにする学問です。
人間の感覚や知覚、記憶や思考、感情や動機づけなどが、生理心理学的観点から、どのような機構によって支えられているか、またそれらの解明のためにはどのような手法が開発されてきたかについて解説します。


【学習の到達目標】

身体、特に脳の構造や、神経系の機能、ホルモンバランスなどと、心のはたらきがどのように結びついているか、生理心理学的関係を理解する。


【成績評価方法】

学期末試験と平常点(出席点)により行う(定期試験80%、平常点20%)。

【課題等のフィードバック方法】

授業中に課したミニットペーパーなどを利用した小レポート等の課題については、その評価を次回、あるいは次々回の授業で各自にミニットペーパーを返却する形でフィードバックします。


【履修上の注意・予習・復習について】

スライドを多く用いるので、それらの要点もできるだけノートにとってください。
毎回出席をとります。6回以上欠席した場合には定期試験を受験できません。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

心身の不思議や不調を、科学的な生理心理学的知識に基づいて考察・理解することができます。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1荒井 崇史オリエンテーション:講義概要の説明【予習】本講義のシラバスをよく読んでくること。240
2荒井 崇史生理心理学の定義と研究の枠組み【復習】教科書、ノート、スライドのメモなどをもとに、授業中に解説した概念や用語などを確認し、さらに指定されたURLや参考書(図書館)で理解を深めること。240
3荒井 崇史脳の構造1:大脳皮質を中心として【復習】教科書、ノート、スライドのメモなどをもとに、授業中に解説した概念や用語などを確認し、さらに指定されたURLや参考書(図書館)で理解を深めること。240
4荒井 崇史脳の構造2:皮質下を中心として【復習】教科書、ノート、スライドのメモなどをもとに、授業中に解説した概念や用語などを確認し、さらに指定されたURLや参考書(図書館)で理解を深めること。240
5荒井 崇史ニューロンの構造【復習】教科書、ノート、スライドのメモなどをもとに、授業中に解説した概念や用語などを確認し、さらに指定されたURLや参考書(図書館)で理解を深めること。240
6荒井 崇史神経ネットワークの発達【復習】教科書、ノート、スライドのメモなどをもとに、授業中に解説した概念や用語などを確認し、さらに指定されたURLや参考書(図書館)で理解を深めること。240
7荒井 崇史神経伝達物質と精神機能【復習】教科書、ノート、スライドのメモなどをもとに、授業中に解説した概念や用語などを確認し、さらに指定されたURLや参考書(図書館)で理解を深めること。240
8荒井 崇史脳機能の侵襲的・非侵襲的計測法【復習】教科書、ノート、スライドのメモなどをもとに、授業中に解説した概念や用語などを確認し、さらに指定されたURLや参考書(図書館)で理解を深めること。240
9荒井 崇史感覚・知覚機構の生理心理学と感覚代行【復習】教科書、ノート、スライドのメモなどをもとに、授業中に解説した概念や用語などを確認し、さらに指定されたURLや参考書(図書館)で理解を深めること。240
10荒井 崇史学習機構の生理心理学と
記憶の障害
【復習】教科書、ノート、スライドのメモなどをもとに、授業中に解説した概念や用語などを確認し、さらに指定されたURLや参考書(図書館)で理解を深めること。240
11荒井 崇史認知機能の生理心理学と意識の障害【復習】教科書、ノート、スライドのメモなどをもとに、授業中に解説した概念や用語などを確認し、さらに指定されたURLや参考書(図書館)で理解を深めること。240
12荒井 崇史言語機能の生理心理学と意思疎通の障害【復習】教科書、ノート、スライドのメモなどをもとに、授業中に解説した概念や用語などを確認し、さらに指定されたURLや参考書(図書館)で理解を深めること。240
13荒井 崇史感情機構の生理心理学と動機づけの調整【復習】教科書、ノート、スライドのメモなどをもとに、授業中に解説した概念や用語などを確認し、さらに指定されたURLや参考書(図書館)で理解を深めること。240
14荒井 崇史自律神経系のはたらきとホルモンバランス【復習】教科書、ノート、スライドのメモなどをもとに、授業中に解説した概念や用語などを確認し、さらに指定されたURLや参考書(図書館)で理解を深めること。240
15荒井 崇史心身の健康の生理心理学的基盤【復習】教科書、ノート、スライドのメモなどをもとに、授業中に解説した概念や用語などを確認し、さらに指定されたURLや参考書(図書館)で理解を深めること。240
教科書
岡田他(著)『生理心理学第2版』サイエンス社
参考書
授業中に、読んでほしい参考書、鑑賞してほしい映画作品、閲覧してほしいURLアドレスなどを紹介しますので、是非、参考にしてください。
備考
特になし