保育概論

科目ナンバリング
1030521693

担当者
齋藤 永子

 
非常勤
教員研究室
非常勤講師室
DP
1
配当年次
2年次・前期
授業形式
講義
授業時間
15時間
単位
選択 1単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 ☑グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク □該当なし

【授業内容】

子どもの心の発達過程を理解し、よりよい発達を支えるための知識や方法を学ぶ。
まず、自分自身の子ども時代を思い出し、また、生活の中における子どもの姿の事例を取り上げ、子どもの特性を具体的に理解する。
次に、生活環境を整え、遊びを通して子どもの発達を支える方法を学ぶ。
また、幼稚園や保育所などの社会的な保育システム、その保育内容の変遷について学び、現在の子育て支援の内容を理解する。
そして、現代社会の子どもをめぐる様々な課題に関心を持ち、児童養護の重要性について理解を深める。


【学習の到達目標】

子どもの心の発達過程を理解する。愛情を持って子どもと接し、適切に対応できる能力を養う。


【成績評価方法】

レポート(30%)、小レポート(10%)、試験(50%)、平常点(10%)

【課題等のフィードバック方法】

小レポートについて、解説を行う。


【履修上の注意・予習・復習について】

・いろいろな絵本を読んでおいてください。
・資料プリントを整理するファイルを用意してください。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

人格の土台となっている幼児期の育ちについて学ぶことは、自分自身の理解を深め、他者理解を深めることにつながります。また、子どもの見方が変わり、愛情を持って、楽しみながら工夫して関わることができます。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1齋藤 永子子どもの時間・生活自分の子ども時代を思い出してみる。語り合う。218
2齋藤 永子子どもの遊び(1)絵本を読む218
3齋藤 永子子どもの遊び(2)児童文化財について理解する218
4齋藤 永子子どもの心(1)感情感情の発達過程を理解する218
5齋藤 永子子どもの心(2)認知認知の発達過程を理解する218
6齋藤 永子子どもの心(3)人との関わり親子関係・きょうだい関係を理解する218
7齋藤 永子保育制度・保育内容保育制度のしくみを理解する218
8齋藤 永子子育て支援の課題新子育てに関する相談事例を検討する218
教科書
なし。毎回、資料を配付します。
参考書
なし
備考
なし