文化人類学

科目ナンバリング
106021122

担当者
李  善姫

 
非常勤
教員研究室
非常勤講師室
DP
1
配当年次
1年次・前期
授業形式
講義
授業時間
30時間
単位
選択 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 ☑ディスカッション・ディベート
 ☑グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク □該当なし

【授業内容】

(1)文化人類学は世界に対する見方を学ぶ学問とも言える。文化人類学の基礎的概説を通して多様なる人類の文化と社会をどのように理解すべきなのかを学ぶ。
(2)文化人類学の枠組を理解したうえで、自分たちの身の回りのさまざまな社会現象や文化現象について、自分じしんでそれを分析する能力を育成する。


【学習の到達目標】

人類の文化・社会の普遍性と多様性を理解するため、文化人類学の基礎概念と方法論的特色について一定程度理解する。


【成績評価方法】

コメントシートと課題提出30点(30%)、期末試験70%(70点)

【課題等のフィードバック方法】

コメントシートを活用し、受講生の質問や疑問に対して、教員の意見も提示して返す。


【履修上の注意・予習・復習について】

6回以上の欠席は、単位取得不可。私語、携帯使用は禁止


【受講して得られる効果・メリット、その他】

多様な異文化に対する理解力が向上できる。
世界システムと社会構造について理解できる。
多様な社会文化の中で共生してきた人類の知恵を学ぶ。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1李  善姫文化人類学のめざすもの参考書1章を読む240
2李  善姫人類の社会性と文化参考書2章を読む240
3李  善姫多様な「人間」の在り方参考書3章を読む240
4李  善姫文化的他者とは誰か参考書4章を読む240
5李  善姫民族というものと現代性参考書5章を読む240
6李  善姫家族と親族各自の親族関係(家系図)を書いてくる240
7李  善姫ジェンダー参考書7章を読む240
8李  善姫死と儀礼参考資料を読む240
9李  善姫医療人類学参考資料を読む240
10李  善姫文化と情報メディア参考書9章を読む240
11李  善姫「もの」の人間世界参考書10章を読む240
12李  善姫環境と開発参考書11章を読む240
13李  善姫経済人類学参考書12章を読む240
14李  善姫災害と回復参考書14章を読む240
15李  善姫人類文化の未来について参考書15章を読む240
教科書
毎回テーマにそった資料を配布
参考書
『改訂新版 文化人類学』内堀基光・奥野克巳、2014、一般財団法人放送大学教育振興会
備考
なし