精神障害者の生活支援システム

科目ナンバリング
1060431278

担当者
長岡 千裕

 
非常勤
教員研究室
非常勤講師室
DP
1,2
配当年次
3年次・後期
授業形式
講義
授業時間
30時間
単位
選択 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 ☑グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク □該当なし

【授業内容】

① 精神障害者の生活支援の意義と特徴について理解する。
② 精神障害者の居住支援に関する制度・施策と相談援助活動について理解する。
③ 職業リハビリテーションの概念及び精神障害者の就労支援に関する制度・施策と相談援助活動(その他の日中活動支援を含む)について理解する。
④ 行政機関における精神保健福祉士の相談援助活動について理解する。


【学習の到達目標】

上記の授業の内容に沿って、精神障害者の医療・保健・福祉を総合的に理解し、精神保健福祉士としての自覚と資質を養うことを目標とする。


【成績評価方法】

受講態度30%、定期試験70%の総合評価によって60点以上を合格とします。

【課題等のフィードバック方法】

リアクションペーパーと講義終了後に質問を受け付け回答します。


【履修上の注意・予習・復習について】

・携帯電話・飲食禁止。特に私語や途中退室、迷惑行為などは厳禁です。対人援助を行う精神保健福祉士を目指す者として、自身の行為が周りに与える影響に配慮できることを望みます。
・テキスト、配布した資料を利用し、理解を深めてください。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

精神障害者の実態や特性及び生活支援の理念を踏まえて、精神障害者の自立した地域生活と社会参加の促進の支援のために必要な支援や相談支援体制、システム形成について学ぶことができる。
精神障害者の地域生活支援を行っている精神保健福祉士が、相談支援に不可欠な最新の医療保健福祉制度について解説する。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1長岡 千裕オリエンテーション
…講義の進め方
240
2長岡 千裕精神障害者の概念テキスト第1章を読んでくること、また関連する資料などにも目を通し講義内容の理解を深めること。240
3長岡 千裕精神障害者の生活の実際テキスト第2章を読んでくること、また関連する資料などにも目を通し講義内容の理解を深めること。240
4長岡 千裕精神障害者の人権(1)テキスト第3章を読んでくること、また関連する資料などにも目を通し講義内容の理解を深めること。240
5長岡 千裕精神障害者の人権(2)テキスト第3章を読んでくること、また関連する資料などにも目を通し講義内容の理解を深めること。240
6長岡 千裕精神障害者の居住支援(1)テキスト第4章を読んでくること、また関連する資料などにも目を通し講義内容の理解を深めること。240
7長岡 千裕精神障害者の居住支援(2)テキスト第4章を読んでくること、また関連する資料などにも目を通し講義内容の理解を深めること。240
8長岡 千裕精神障害者の就労支援(1)テキスト第5章を読んでくること、また関連する資料などにも目を通し講義内容の理解を深めること。240
9長岡 千裕精神障害者の就労支援(2)テキスト第5章を読んでくること、また関連する資料などにも目を通し講義内容の理解を深めること。240
10長岡 千裕行政における相談援助(1)テキスト第6章を読んでくること、また関連する資料などにも目を通し講義内容の理解を深めること。240
11長岡 千裕行政における相談援助(2)テキスト第6章を読んでくること、また関連する資料などにも目を通し講義内容の理解を深めること。240
12長岡 千裕精神障害者の生活支援システム(1)テキスト第7章を読んでくること、また関連する資料などにも目を通し講義内容の理解を深めること。240
13長岡 千裕精神障害者の生活支援システム(2)テキスト第7章を読んでくること、また関連する資料などにも目を通し講義内容の理解を深めること。240
14長岡 千裕精神障害者の生活支援システム(3)テキスト第7章を読んでくること、また関連する資料などにも目を通し講義内容の理解を深めること。240
15長岡 千裕まとめ240
教科書
新・精神保健福祉士養成講座(7)「精神障害者の生活支援システム」第3版 中央法規出版
参考書
講義の中で必要に応じて紹介します。
備考
本科目は精神保健福祉士国家試験の指定科目です。