精神保健福祉援助実習指導Ⅰ

科目ナンバリング
1060431281

担当者
○大竹 伸治・森谷 就慶

 
常勤・非常勤
教員研究室
1303
DP
3
配当年次
3年次・前期
授業形式
演習
授業時間
30時間
単位
選択 1単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 ☑ディスカッション・ディベート
 ☑グループワーク ☑プレゼンテーション ☑実習・フィールドワーク □該当なし

【授業内容】

・個別指導及び集団指導により、精神保健福祉援助実習の意義及び精神障害者の置かれている現状を理解し、生活上の困難を理解する。


【学習の到達目標】

・上記の授業内容の目的にそって、精神障害者の医療・保健・福祉を理解し、精神保健福祉士としての自覚と資質を養うことを目標とする。


【成績評価方法】

・出席・受講態度20%、レポート20%、小テスト・プレゼンテーションおよび実習計画書等60%の総合評価によって60点以上を合格とする。

【課題等のフィードバック方法】

・グループディスカッション時に助言・指導を行う
・個人のまとめの添削・指導を行う


【履修上の注意・予習・復習について】

・テキスト、配布した資料、自習を利用し理解を深めること。
・ロールプレイ等の振り返りを十分行うこと。
・特別な場合を除き欠席は認められない。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

・「精神保健福祉援助実習」の履修に向けた事前指導の意味を持つ重要な科目である。
・本科目を履修することにより、実習に際しての基礎的な精神保健福祉士としてふさわしい資質の涵養を図ることが可能となる。
・精神保健福祉士の教員が、精神保健福祉援助実習に係る個別指導及び集団指導を通して、精神保健福祉援助に係る知識と技術について、具体的にかつ実際的に理解し、実践的な技術等を体得できるよう指導を行う。

授業計画

1. 精神保健福祉援助実習と実習指導における個別指導及び集団指導の意義
2. 精神保健福祉援助実習と実習指導における個別指導及び集団指導の意義
3. 精神保健福祉医療の現状に関する基本的な理解(利用者理解を含む)
4. 精神保健福祉医療の現状に関する基本的な理解(利用者理解を含む)
5. 精神保健福祉医療の現状に関する基本的な理解(利用者理解を含む)
6. 実習を行う地域資源お呼び実習施設等の情報収集
7. 実習を行う地域資源お呼び実習施設等の情報収集
8. 実習を行う施設・機関・事業者・団体・地域社会に関する基本的な理解
9. 実習を行う施設・機関・事業者・団体・地域社会に関する基本的な理解
10. 実習を行う施設・機関・事業者・団体・地域社会に関する基本的な理解
11. 現場体験学習及び見学実習
12. 現場体験学習及び見学実習の振り返り
13. 実習先で必要とされる精神保健福祉援助に係る専門的知識と技術の理解
14. 実習先で必要とされる精神保健福祉援助に係る専門的知識と技術の理解
15. 実習先で必要とされる精神保健福祉援助に係る専門的知識と技術の理解
教科書
・新・精神保健福祉士養成講座 第9巻 精神保健福祉援助実習指導・実習 第2版 中央法規出版
・『PSW実習ハンドブック―実習生のための手引き』荒田 寛 (著) 2013年 へるす出版
参考書
これまでのテキスト・参考書等全て。
備考
一部、集中講義を予定している。
本科目は、精神保健福祉士国家試験の指定科目である。問い合わせ担当教員:大竹伸治