人格心理学

科目ナンバリング
10604212100

担当者
宇佐美貴章

 
非常勤
教員研究室
非常勤講師室
DP
1,2,3,4
配当年次
2年次・前期
授業形式
講義
授業時間
30時間
単位
選択 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 ☑ディスカッション・ディベート
 □グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク □該当なし

【授業内容】

心理学は私たちのこころの働きの一般法則を見つけ出すことを目的として発展してきました。しかし、こころの働きには種々の一般的法則が見出される一方で、個々人によって異なる部分があることも知られています。人格心理学は、このようなこころの個人差(=人格、パーソナリティ)を研究対象とするものです。この講義では、これまでの研究の歴史・理論・手法について、自己・人間関係・発達・文化といった様々な側面から考えます。


【学習の到達目標】

人のこころの働きについて学ぶことを通じて、皆さんが援助者として、あるいは職業人として、社会を適応的に生きていくための知識や考え方を身につけることを目標とします。


【成績評価方法】

平常点20% 課題(レポート等)80%

【課題等のフィードバック方法】

課題を課した際には、次回の授業で解説を行います。
また、授業内容に関する質問はコメントペーパーを通じて募り、回収後答えます。


【履修上の注意・予習・復習について】

授業の際には資料を配布しますが、原則として再配布はしません。
資料や板書による授業の他、グループ討議や実習形式での授業を行う場合があります。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

人格に関する諸理論に関する知識を獲得できるのはもちろんのこと、自己理解・他者理解における多角的な視点を獲得します。そのような学びを通じて、柔軟で適応的な人間関係を構築する為の力を養うことを目指します。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1宇佐美貴章オリエンテーション:人格心理学とは人格心理学を受講し、学びを深める各人なりの意義について考えてください。240
2宇佐美貴章パーソナリティとその概念および歴史1性格や気質などの類似概念と人格との異同について述べられるようにして下さい。240
3宇佐美貴章パーソナリティとその概念および歴史2近現代心理学成立以前の人格理論について自分なりに問題点を指摘できるようにして下さい。240
4宇佐美貴章パーソナリティの諸理論1 人格の類型論について説明できるようにして下さい。240
5宇佐美貴章パーソナリティの諸理論2人格の特性論について説明できるようにして下さい。240
6宇佐美貴章パーソナリティの諸理論3人格の力動論について説明できるようにして下さい。240
7宇佐美貴章パーソナリティの測定法1作業検査・質問紙検査について説明できるようにして下さい。240
8宇佐美貴章パーソナリティの測定法2投影法検査について説明できるようにしてください。240
9宇佐美貴章パーソナリティと遺伝1脳の働きと人格の関連について説明できるようにして下さい。240
10宇佐美貴章パーソナリティと遺伝2双生児研究の方法論と考え方について説明できるようにして下さい。240
11宇佐美貴章パーソナリティと発達1ライフサイクルにおける乳児期から学童期までの人格発達について説明できるようにして下さい。240
12宇佐美貴章パーソナリティと発達2ライフサイクルにおける青年期から老年期までの人格発達について説明できるようにして下さい。240
13宇佐美貴章社会の中でのパーソナリティ1他者の人格認知に関する社会心理学的人格理論について説明できるようにして下さい。240
14宇佐美貴章社会の中でのパーソナリティ2環境や状況が人の振る舞いや考えに及ぼす影響に関する社会心理学的人格理論について説明できるようにして下さい。240
15宇佐美貴章総括人格形成における輻輳説について自分なりの考え方を説明できるようにして下さい。240
教科書
指定なし
参考書
詫摩武俊・瀧本孝雄・鈴木乙史・松井豊(著) 性格心理学への招待[改訂版] 2003年 サイエンス社
鈴木公啓(編) パーソナリティ心理学概論:性格理解への扉  2012年 ナカニシヤ出版
備考
授業の進度により内容が多少変更になる場合があります。不明な点がある場合は授業内に気兼ねなく質問して下さい。