健康心理学

科目ナンバリング
10604212101

担当者
小林 大介

 
非常勤
教員研究室
非常勤講師室
DP
1,2,3,4
配当年次
2年次・前期
授業形式
講義
授業時間
30時間
単位
選択 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 ☑ディスカッション・ディベート
 □グループワーク ☑プレゼンテーション □実習・フィールドワーク □該当なし

【授業内容】

「病は気から」という言葉がありますが、心の問題は、身体的な健康にどのような影響を与えるのでしょうか。この授業の中では、これまでの心理学的な研究成果に基づきながら、心と身体の相互の影響関係について考えていきたいと思います。


【学習の到達目標】

現代社会における多様な健康観を理解する。
人間の身体的健康と心理学的要因との関連性を理解する。
健康リスク解消と疾病の予防における心理学の役割を理解する。


【成績評価方法】

課題(レポート、考査を含む):100%

【課題等のフィードバック方法】

課題を課した際には、次回の授業で解説を行います。
また、授業内容に関する質問はコメントペーパーを通じて募り、回収後答えます。


【履修上の注意・予習・復習について】

授業の際には資料を配布することがありますが、原則として再配布はしません。
資料や板書による授業の他、グループでの討議や演習を行う予定ですので、積極的な発言を期待します。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

健康リスクは日常生活のあらゆる場面に潜んでいます。本講義を受講することによって、心理学的な健康リスクに関する理解が深まるのはもちろん、様々な健康リスクの解消と疾病の予防における心理学的アプローチについて学ぶことができます

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1小林 大介オリエンテーション 予習:本授業のシラバスを確認してきてください。240
2小林 大介健康リスクとエビデンス復習:教科書、ノート、配布資料などをもとに授業内容について理解を定着させる。240
3小林 大介健康モデルとヘルスプロモーション復習:教科書、ノート、配布資料などをもとに授業内容について理解を定着させる。240
4小林 大介ストレスの基礎理論復習:教科書、ノート、配布資料などをもとに授業内容について理解を定着させる。240
5小林 大介ストレッサーとコーピング復習:教科書、ノート、配布資料などをもとに授業内容について理解を定着させる。240
6小林 大介健康と食生活復習:教科書、ノート、配布資料などをもとに授業内容について理解を定着させる。240
7小林 大介睡眠と運動復習:教科書、ノート、配布資料などをもとに授業内容について理解を定着させる。240
8小林 大介健康とパーソナリティ復習:教科書、ノート、配布資料などをもとに授業内容について理解を定着させる。240
9小林 大介健康リスクとしての嗜癖復習:教科書、ノート、配布資料などをもとに授業内容について理解を定着させる。240
10小林 大介健康の性差復習:教科書、ノート、配布資料などをもとに授業内容について理解を定着させる。240
11小林 大介高齢者の健康復習:教科書、ノート、配布資料などをもとに授業内容について理解を定着させる。240
12小林 大介精神医学的問題復習:教科書、ノート、配布資料などをもとに授業内容について理解を定着させる。240
13小林 大介医療コミュニケーション(1)復習:教科書、ノート、配布資料などをもとに授業内容について理解を定着させる。240
14小林 大介医療コミュニケーション(2)復習:教科書、ノート、配布資料などをもとに授業内容について理解を定着させる。240
15小林 大介総括復習:教科書、ノート、配布資料などをもとに授業内容について理解を定着させる。240
教科書
指定なし。
参考書
授業内で適宜案内する。
備考
授業の進度により内容が多少変更になる場合があります。不明な点がある場合は授業内に気兼ねなく質問して下さい。