心理学

科目ナンバリング
1050211911

担当者
未   定

 
 
教員研究室
 
DP
1,2
配当年次
1年次・後期
授業形式
講義
授業時間
30時間
単位
選択 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 ☑ディスカッション・ディベート
 □グループワーク □プレゼンテーション ☑実習・フィールドワーク □該当なし

【授業内容】

心理学的理論に基づいた人間理解に関する知識を獲得することを目指す。
具体的には、日常生活での対人関係と心理的問題や、援助に関する心理学的理論の紹介を通じて学びを深める。


【学習の到達目標】

個々人および社会全体の福利について心理学的に考察する能力を養う。


【成績評価方法】

平常点20% 課題(レポート、試験を含む)80%

【課題等のフィードバック方法】

課題を課した場合は、次回の授業内で解説する。
また、質問は各回配布のコメントペーパー等で受けつけ、回収後授業内で回答する。


【履修上の注意・予習・復習について】

出席カードにより出席管理を行う。
6回以上欠席した場合には履修放棄となるので注意すること。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

心を科学的に扱うということについて基礎的な知識を獲得することができる。また、臨床心理学・福祉学・看護学といった様々な領域において、心理学がどのように活用されているのかを、実際の事例を通じて見通すことができる。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1未  定心理学の目的と方法 予習:本講義のシラバスを事前に読了すること。240
2未  定自己と自尊感情復習:教科書、ノート、配布資料などをもとに授業内容について理解を定着させる。240
3未  定対人関係の形成と維持復習:教科書、ノート、配布資料などをもとに授業内容について理解を定着させる。240
4未  定態度と行動復習:教科書、ノート、配布資料などをもとに授業内容について理解を定着させる。240
5未  定問題行動とこころ復習:教科書、ノート、配布資料などをもとに授業内容について理解を定着させる。240
6未  定問題行動の解決に向けて復習:教科書、ノート、配布資料などをもとに授業内容について理解を定着させる。240
7未  定犯罪と非行のこころ復習:教科書、ノート、配布資料などをもとに授業内容について理解を定着させる。240
8未  定逸脱行動とパーソナリティ復習:教科書、ノート、配布資料などをもとに授業内容について理解を定着させる。240
9未  定ストレスと健康復習:教科書、ノート、配布資料などをもとに授業内容について理解を定着させる。240
10未  定心理アセスメント復習:教科書、ノート、配布資料などをもとに授業内容について理解を定着させる。240
11未  定援助行動復習:教科書、ノート、配布資料などをもとに授業内容について理解を定着させる。240
12未  定援助者に要求されるもの復習:教科書、ノート、配布資料などをもとに授業内容について理解を定着させる。240
13未  定心理的援助とは復習:教科書、ノート、配布資料などをもとに授業内容について理解を定着させる。240
14未  定心理的援助の実際復習:教科書、ノート、配布資料などをもとに授業内容について理解を定着させる。240
15未  定人間的成長と発達課題復習:教科書、ノート、配布資料などをもとに授業内容について理解を定着させる。240
教科書
指定なし。
参考書
授業内で適宜案内する。
備考
特になし。