看護学概論Ⅱ

科目ナンバリング
1050421956

担当者
○板垣 惠子・庄子 幸恵

 
常勤
教員研究室
5201・5203
DP
1,2,3,4
配当年次
4年次・後期
授業形式
講義
授業時間
15時間
単位
必修 1単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 ☑ディスカッション・ディベート
 □グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク □該当なし

【授業内容】

1. 科学的な根拠と理論に基づいて看護を思考するための看護理論を学習する。
2. 看護理論、看護実践に基づく看護観を構築する基礎を学習する。


【学習の到達目標】

1. 看護理論を理解できる。
2. 現時点での看護観を構築できる。


【成績評価方法】

・レポート(90%)、平常点(10%)

【課題等のフィードバック方法】

授業中に指示する。


【履修上の注意・予習・復習について】

1. 授業中の私語・飲食は厳禁とし、携帯電話の電源をオフにすること。
2. 授業の主体的に参加し、積極的に発言や質問をすること。
3. 教科書をよく読み、予習・復習をすること。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

1. 看護理論を学習することで、対象である人間、健康、環境、看護について理解できる。
2. 看護自己の看護観構築の参考になる。
看護師免許・保健師免許を有し、大学病院での臨床経験を十分生かして講義する。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1板垣 惠子ガイダンス
看護過程
看護過程について予習・復習218
2板垣 惠子ナイチンゲールの看護理論ナイチンゲールの看護理論について予習・復習218
3板垣 惠子ニード論ヘンダーソンの看護理論、マズローの欲求階層論について予習・復習218
4板垣 惠子セルフケア理論ドロセアE.オレムの看護理論について予習・復習218
5板垣 惠子人間関係理論ヒルデガード E.ペプロウ、ジョイス トラベルビーの看護理論について予習・復習218
6板垣 惠子システム理論シスター カリスタ ロイの看護理論について予習・復習218
7板垣 惠子現象学的看護理論ジーン ワトソン、マデリン レイニンガー、パトリシア ベナーの看護理論について予習・復習218
8板垣 惠子
庄子 幸恵
ディスカッション事例検討
看護観
218
教科書
1.「実践に生かす看護理論19」城ヶ端 初子著 医学芸術社
2.「看護の基本となるもの」 ヴァージニア・ヘンダーソン著、日本看護協会出版会
3.「看護覚書」ナイチンゲール著、現代社
参考書
授業の中で、紹介する。
備考
資料を使用する。