成人看護方法論Ⅴ

科目ナンバリング
1050431967

担当者
○真壁 玲子・庄子 弘子・村上 大介・日下由利子・未   定

 
常勤
教員研究室
3213・1326・3116・1314
DP
1,2,3,4
配当年次
3年次・前期
授業形式
演習
授業時間
30時間
単位
必修 1単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 ☑グループワーク ☑プレゼンテーション □実習・フィールドワーク □該当なし

【授業内容】

・成人期にある患者の健康障害と発達段階をとらえた看護過程の展開方法について学習する。
・健康問題のある成人期の事例をもとに看護過程の展開を行い、発表し講評しあう。


【学習の到達目標】

・成人期の事例を通して、健康障害・疾病の経過をふまえた看護過程の展開ができる。
・成人期の事例を通して、成人期の発達段階をふまえた看護過程の展開ができる。


【成績評価方法】

平常点10%、定期試験20%、演習10%、課題提出10%、レポート50%で評価する。

【課題等のフィードバック方法】

課題進行状況に合わせて、演習時間内外の質問に対応する。


【履修上の注意・予習・復習について】

・授業開始20分以降の入室は、原則として認めない。
・予習・復習を十分に行うこと。
・2/3以上の出席を定期試験受験資格とする。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

・成人期の特徴を踏まえて、成人期の患者の健康障害に応じた看護計画を作成し、実施する能力の習得ができる。
・グループメンバーと協力して演習を行うことにより、協調性、積極性、責任感の育成が期待できる。
看護師免許を有し、医療機関における急性期・回復期・慢性期・終末期の看護実務経験及び教育機関における看護教育経験を十分に活かして教授する。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1真壁 玲子・コースオリエンテーション
・事例紹介
配布資料60
2庄子 弘子事例の展開(1):急性期患者の看護過程(1)配布資料60
3庄子 弘子事例の展開(2):急性期患者の看護過程(2)配布資料60
4村上 大介事例の展開(3):慢性期患者の看護過程(1)配布資料60
5村上 大介事例の展開(4):慢性期患者の看護過程(2)配布資料60
6成人看護学領域全教員・事例の提示
・個人レポートの書き方
配布資料60
7成人看護学領域全教員演習(1):アセスメント(1)受け持ち事例の情報から疾患の理解、データベースの予習・復習60
8成人看護学領域全教員演習(2):アセスメント(2)前回不足した情報の補足、データベースの予習・復習60
9成人看護学領域全教員演習(3):アセスメント(3)前回不足した情報の補足、データベースの予習・復習60
10成人看護学領域全教員演習(4):関連図(1)前回不足した情報の補足、演習(1)~(3)を基に関連図の予習・復習60
11成人看護学領域全教員演習(5):関連図(2)アセスメントと関連図の補足、看護問題を列挙し優先順位について予習・復習60
12成人看護学領域全教員演習(6):看護計画(1)アセスメント・関連図から列挙した看護問題に長期目標と短期目標について予習・復習60
13成人看護学領域全教員演習(7):看護計画(2)看護問題のOP、TP、EPについて予習・復習60
14成人看護学領域全教員発表(1):カンファレンス形式(1)発表と質疑応答への準備60
15成人看護学領域全教員発表(2):カンファレンス形式(2)発表と質疑応答への準備60
教科書
三上れつ 実践に役立つ看護過程と看護診断 ヌーベルヒロカワ
参考書
随時提示する。
備考
グループワークは、主体的・積極的に参加する。