成人看護実習ⅠA

科目ナンバリング
10504419109

担当者
○庄子 弘子・真壁 玲子・村上 大介・日下由利子・未   定

 
常勤・非常勤
教員研究室
1326・3213・3116・1314
DP
1,2,3,4
配当年次
3年次・後期
授業形式
実習
授業時間
135時間
単位
選択 3単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 ☑グループワーク ☑プレゼンテーション ☑実習・フィールドワーク □該当なし

【授業内容】

急性期(周手術期を含む)、回復期にある成人患者の健康レベルに応じた看護計画を立案し、実施・評価する。受け持ち患者の症状・生体機能管理の基本技術について理解し、指導の下に実施(もしくは見学)する。


【学習の到達目標】

・青年期・壮年期・中年期・向老期にある対象の特徴を踏まえて、受け持ち患者の身体的・心理的・社会的特徴を理解できる。
・急性期・回復期にある患者の生体情報から全身状態ならびに患者の回復過程に応じたセルフケア能力をアセスメントし、回復意欲を促進するための看護計画を立案・実施・評価できる。


【成績評価方法】

実習全過程の取り組み、成人看護実習の評価表、事前レポート、実習レポートについて、臨地実習指導者と実習担当教員、成人看護学領域教員が評価する。
実習全過程4/5以上の出席により単位認定対象とする。

【課題等のフィードバック方法】

・実習期間中は、毎日の行動計画や看護実践、カンファレンスを通しフィードバックする。
・中間カンファレンスおよび最終カンファレンスを行い、受け持ち患者の看護実践に対
しフィードバックする。
・体験的学習内容を共有できるようにグループディスカッションを通しフィードバックする。


【履修上の注意・予習・復習について】

詳細は臨地看護実習要項(成人)を参照


【受講して得られる効果・メリット、その他】

これまで学習した成人看護学における知識・技術を統合して捉え、急性期、回復期にある成人患者の健康課題に対応する実践能力を養うことができる。
看護師免許を有し、医療機関における急性期・回復期・慢性期・終末期の看護実務経験及び教育機関における看護教育経験を十分に活かして教授する。

授業計画

詳細は臨地看護実習要項(成人)を参照  
1. オリエンテーション
2. 各実習施設での実習(2~14)
3. 実習病棟でのオリエンテーション
4. 受け持ち患者の決定と情報収集
5. 受け持ち患者の看護計画立案
6. 受け持ち患者への看護援助の見学、指導のもと実施
7. 受け持ち患者の情報の追加と看護計画の修正
8. 中間カンファレンスの実施
9. 実習の中間評価
10. 受け持ち患者の看護計画に基づいた看護援助の実施①
11. 受け持ち患者の看護計画に基づいた看護援助の実施②
12. 受け持ち患者の看護計画に基づいた看護援助の評価①
13. 受け持ち患者の看護計画に基づいた看護援助の評価②
14. 最終カンファレンスの実施
15. 実習目標に対するグループディスカッション
教科書
臨地看護実習要項(成人)を参照
参考書
臨地看護実習要項(成人)を参照
備考
実習の詳細については、臨地看護実習要項(成人)を参照