母性看護方法論Ⅱ

科目ナンバリング
1050431982

担当者
○北山 玲子・堀米美智枝・大庭 みよ

 
常勤
教員研究室
1211・5207・1314
DP
1,2,3,4
配当年次
3年次・前期
授業形式
演習
授業時間
30時間
単位
必修 1単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 ☑ディスカッション・ディベート
 ☑グループワーク ☑プレゼンテーション □実習・フィールドワーク □該当なし

【授業内容】

妊娠・分娩・産褥期および新生児期の看護過程について基礎知識を学び、紙上事例を用いて看護過程を展開する。


【学習の到達目標】

1. 妊産褥婦および新生児の観察と基本的看護技術が安全に実施できる。
2. 周産期にある母子とその家族の身体的・心理的・社会的変化をふまえた看護過程が展開できる。


【成績評価方法】

平常点5%(5点)、看護技術演習レポート15%(15点)、課題50%(50点)、定期試験30%(30点)

【課題等のフィードバック方法】

課題点検後、各自に返却する。講義終了後、質問を受け付け回答する。


【履修上の注意・予習・復習について】

15分以上の遅刻は欠席とし、出席日数が全演習回数の2/3以上を以て定期試験の受験資格とする。グループワークには積極的に参加すること。レポートを期限までに提出しない場合は評価しない。 講義中は私語を慎むこと。また携帯電話の使用や飲食を禁止する。欠席した場合は、配布資料を研究室まで取りに来ること。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

周産期にある母子の看護過程を学び、母性看護の実践に必要な具体的な看護ケア技術を修得できる。
産科病棟及び外来で実務経験をもつ教員が、周産期にある妊産褥婦と新生児への個別性を重視した看護過程の展開方法について講義する。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1北山 玲子母性看護における看護過程の考え方予習:母性看護学(2):母性看護の実践第8章を通読しておく。60
2北山 玲子、堀米美智枝、大庭 みよ妊産褥婦および新生児の観察と基本的看護技術(1)課題:演習項目について所定の用紙に目的・必要物品・実施方法についてまとめる。60
3北山 玲子、堀米美智枝、大庭 みよ妊産褥婦および新生児の観察と基本的看護技術(2)課題:演習項目について所定の用紙に目的・必要物品・実施方法についてまとめる。演習終了後に実施・評価を記載する。60
4北山 受持ち事例の情報収集とデータベースの書き方課題:提示された2事例の情報をデータベースにまとめる。60
5北山 玲子アセスメントの視点と看護課題の明確化課題:視点にそってアセスメントを記載する。60
6北山 玲子、堀米美智枝、大庭 みよグループワーク(受持ち事例のアセスメント)課題:受持ち事例のアセスメントから看護診断を導き出す。60
7北山 玲子アセスメントの統合と看護課題の明確化課題:各自が作成したアセスメント・看護診断を修正する。60
8北山 玲子関連図の書き方課題:関連図を作成する。60
9北山 玲子個別性を考慮した看護計画             課題:関連図を修正し、看護計画を作成する。60
10北山 玲子、堀米美智枝、大庭 みよ受持ち事例の個別性を考慮した看護計画 課題:事例ごとの看護計画を作成する。60
11北山 玲子、堀米美智枝、大庭 みよ日々の看護過程と評価の方法
グループワーク(看護場面の想定)
SOAPの書き方について復習しておく。60
12北山 玲子、堀米美智枝、大庭 みよ看護計画の実施および評価課題:実施した看護および結果をSOAPで記載する。60
13北山 玲子、堀米美智枝、大庭 みよプレゼンテーション(1)
オリエンテーション・資料作成
課題:プレゼンテーション資料を作成する。60
14北山 玲子、堀米美智枝、大庭 みよプレゼンテーション(2)
資料作成
課題:プレゼンテーション資料を作成する。60
15北山 玲子、堀米美智枝、大庭 みよプレゼンテーション(3)
発表会
予習:看護過程のレポートを推敲し、自分の意見をまとめておく。60
教科書
中込さと子他編:ナーシング・グラフィカ 母性看護学① 概論・リプロダクティブヘルスと看護、メディカ出版
小林康江他編:ナーシング・グラフィカ 母性看護学② 母性看護の実践、株式会社メディカ出版
荒木奈緒他編:ナーシング・グラフィカ 母性看護学③ 母性看護技術、株式会社メディカ出版
参考書
佐世正勝他:ウエルネスからみた母性看護過程+病態関連図(第2版)、医学書院
井上裕美他:病気がみえるvol.10、産科 第3版、MEDIC MEDIA
備考
なし