基礎数学

科目ナンバリング
1010211423

担当者
○鈴木 博人・阿部 玄治・黒後 裕彦

 
常勤
教員研究室
3220・ 3218・ 3102
DP
1,4
配当年次
1年次・前期
授業形式
講義
授業時間
30時間
単位
選択 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 ☑グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク □該当なし

【授業内容】

今後のリハビリテーションに関する知識を学ぶにあたり、最低限必要な算数、数学を復習・整理する。特に、計算問題や基本的な数学知識が不足している学生を対象として行う。


【学習の到達目標】

1)基本的な数学知識(ベクトル、モーメント、三角関数、比など)を理解する。
2)上記の項目を応用して、リハビリテーション分野で用いる基礎的な計算式が解けるようになる。


【成績評価方法】

定期試験(100%)
※ただし、再試験は実施しないので注意すること。

【課題等のフィードバック方法】

演習課題を講義内に実施し、その中でフィードバックする。
自己学習課題についても講義内で解説し、適宜質問に応じる。


【履修上の注意・予習・復習について】

復習に重点を置きながら進めていく。
積極的な授業参加(質疑など)を期待する。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

授業内容はリハビリテーションに必要な最低限の範囲を行うので、高校までの数学が不得意な学生であっても理解が可能である。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1鈴木 博人、阿部 玄治、
黒後 裕彦
オリエンテーション復習:これまで学んだ数学の苦手な分野の把握240
2阿部 玄治、鈴木 博人、
黒後 裕彦
単位変換・速度算出予習:単位変換と速度算出
復習:小テストと課題の実施
240
3阿部 玄治、鈴木 博人、
黒後 裕彦
速度算出応用・一次関数予習:速度算出と一次関数
復習:小テストと課題の実施
240
4阿部 玄治、鈴木 博人、
黒後 裕彦
速度計算実習予習:単位変換・速度算出
復習:小テストと課題の実施
240
5阿部 玄治、鈴木 博人、
黒後 裕彦
比とテコの原理予習:比とテコ
復習:小テストと課題の実施
240
6鈴木 博人、阿部 玄治、
黒後 裕彦
三角関数予習:前回授業の再確認と三角関数
復習:小テストと課題の実施
240
7鈴木 博人、阿部 玄治、
黒後 裕彦
三角関数の応用予習:前回授業の再確認
復習:小テストと課題の実施
240
8鈴木 博人、阿部 玄治、
黒後 裕彦
ベクトル予習:ベクトル
復習:小テストと課題の実施
240
9鈴木 博人、阿部 玄治、
黒後 裕彦
ベクトルの応用予習:前回授業の再確認
復習:小テストと課題の実施
240
10阿部 玄治、鈴木 博人、
黒後 裕彦
モーメント予習:モーメント
復習:小テストと課題の実施
240
11阿部 玄治、鈴木 博人、
黒後 裕彦
モーメントの応用予習:前回授業の再確認
復習:小テストと課題の実施
240
12鈴木 博人、阿部 玄治、
黒後 裕彦
総合演習1─単位変換や速度計算の復習─予習:講義「単位と速度算出」の復習
復習:小テストと課題の実施
240
13鈴木 博人、阿部 玄治、
黒後 裕彦
総合演習2─比とテコやベクトルの復習─予習:講義「比とテコ、三角関数、ベクトル、モーメント」の復習
復習:小テストと課題の実施
240
14鈴木 博人、阿部 玄治、
黒後 裕彦
総合演習3─総復習問題─予習:第12回目・第13回目の講義の復習
復習:小テストと課題の実施
240
15鈴木 博人、阿部 玄治、
黒後 裕彦
総確認予習:これまでの講義(特に苦手分野)の総復習
復習:小テストと課題の実施
240
教科書
特になし
参考書
高校までに使用していた数学の教科書および参考書
備考
基本的に授業は配布資料をもとに進める。
質問・問い合わせ等:鈴木博人