身体運動学演習

科目ナンバリング
1010321435

担当者
○藤澤 宏幸・鈴木  誠・鈴木 博人

 
常勤
教員研究室
3208
DP
1,2
配当年次
1年次・後期
授業形式
演習
授業時間
30時間
単位
必修 1単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 ☑グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク □該当なし

【授業内容】

身体運動学の中で特に関節運動に関する講義と演習を行う。特にヒトの関節運動の特徴を他の動物との比較において理解する。


【学習の到達目標】

・身体の各関節運動の特徴を説明できる。
・各関節運動の主動筋と拮抗筋、共同筋とそれらの起始・停止、ならびに支配神経(髄節)を説明できる。
・各関節における関節構成体(靱帯、関節包、滑液包、等々)の働きを説明できる。


【成績評価方法】

・単位認定は、筆記試験(100%)で評定する。

【課題等のフィードバック方法】

授業中に予習課題の内容を加味して教授する。記述式演習課題は授業中に説明する。


【履修上の注意・予習・復習について】

・毎週予習課題を与える(手書き)
・復習は、授業プリントだけでなく指定された教科書や参考書を広く活用して、自分なりのノートをまとめること。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

・身体運動に関する筋骨格系の働きをより深く理解できる。
・専門科目を学習していく上で必須となる基本的関節機能について理解できる。
・臨床実習ならびに国家試験(解剖学、運動学)に必要な筋骨格系の基礎的解剖・運動学的知識が身につく。
・臨床において理学療法業務に従事した経験のある教員が、運動療法を実施するにあたり必要な身体運動の原理を講義する。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1藤澤身体運動学概論1予習:「ヒトはなぜ坐れるのか」要約
復習:概論1記述式課題
60
2藤澤身体運動学概論2予習:「ヒトはなぜ坐れるのか」要約
復習:概論2記述式課題
60
3藤澤体幹・脊柱予習:「ヒトはなぜ坐れるのか」要約
復習:体幹・脊柱記述式課題
60
4藤澤胸郭・呼吸運動予習:「ヒトはなぜ坐れるのか」要約
復習:胸郭・呼吸運動記述式課題
60
5藤澤肩関節1予習:「ヒトはなぜ坐れるのか」要約
復習:肩関節1記述式課題
60
6藤澤肩関節2予習:「ヒトはなぜ坐れるのか」要約
復習:肩関節2記述式課題
60
7藤澤肘関節予習:「ヒトはなぜ坐れるのか」要約
復習:肘関節記述式課題
60
8藤澤前腕・手部予習:「ヒトはなぜ坐れるのか」要約
復習:前腕・手部記述式課題
60
9藤澤中間のまとめ予習:「ヒトはなぜ坐れるのか」通読
復習:前半記述式課題整理
60
10藤澤股関節1予習:「ヒトはなぜ坐れるのか」要約
復習:股関節1記述式課題
60
11藤澤股関節2予習:「ヒトはなぜ坐れるのか」要約
復習:股関節2記述式課題
60
12藤澤膝関節1予習:「ヒトはなぜ坐れるのか」要約
復習:膝関節1記述式課題
60
13藤澤膝関節2予習:「ヒトはなぜ坐れるのか」要約
復習:膝関節2記述式課題
60
14藤澤足部1予習:「ヒトはなぜ坐れるのか」要約
復習:足部1記述式課題
60
15藤澤足部2予習:「ヒトはなぜ坐れるのか」要約
復習:足部2記述式課題
60
教科書
・関節・運動器の機能解剖 上肢・脊柱編、下肢編 井原秀俊 他訳、協同医書出版社
・関節・運動器の機能解剖 下肢編、井原秀俊 他訳、協同医書出版社
・ヒトはなぜ坐れるのか? 藤澤宏幸 北樹出版
・基礎運動学、中村隆一 他著、医歯薬出版
参考書
・プロメテウス解剖学アトラス 坂井健男 医学書院
備考
質問・問い合わせ先:科目責任者または授業担当者