理学療法学概論

科目ナンバリング
1010421464

担当者
○藤澤 宏幸・鈴木 博人

 
常勤
教員研究室
3208
DP
1,2,3,4
配当年次
1年次・前期
授業形式
講義
授業時間
30時間
単位
必修 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 □グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク ☑該当なし

【授業内容】

初年次に、理学療法を学ぶための基本的態度を築くことを第一の目的とする。そのため、理学療法および理学療法教育の歴史、関連法規、障害モデル、障害者の心理的側面などを包括的に教授し、そのうえで4年間のカリキュラムにおける各科目の必要性を説明する。


【学習の到達目標】

1. 理学療法の歴史について理解する
2. 理学療法士の役割について理解する
3. これから学習する科目(内容)の必要性について理解する


【成績評価方法】

レポート50%
定期試験50%

【課題等のフィードバック方法】

文書および体裁については個別のレポートでフィードバックし、翌週に返却する。また、全体的内容については授業のなかでフィードバックする。


【履修上の注意・予習・復習について】

予習:配布するシラバス(講義ノート)に指定された内容を履行すること
復習:毎回レポートを課すので期限まで提出すること


【受講して得られる効果・メリット、その他】

理学療法士になるための基礎知識を整理できる。
臨床において理学療法業務に従事した経験のある教員が、人間学を基礎とした理学療法モデルを中心に、理学療法を実施するにあたり必要となる知識、態度、技術について講義する。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1藤澤 宏幸本学の建学の精神と教育理念予習:本学の建学の精神と教育理念に関する章を読む
復習:レポート課題(本学の建学の精神と教育理念)
240
2藤澤 宏幸理学療法の起源と教育の歴史予習:理学療法の起源と教育の歴史に関する章をを読む
復習:レポート課題(理学療法の起源と教育の歴史)
240
3藤澤 宏幸理学療法と関連法規予習:理学療法と関連法規に関する章を読む
復習:レポート課題(理学療法と関連法規)
240
4藤澤 宏幸リハビリテーションの思想予習:リハビリテーションの思想に関する章を読む
復習:レポート課題(リハビリテーションの思想)
240
5藤澤 宏幸理学療法の学問体系と理学療法モデル予習:理学療法の学問体系と理学療法モデルに関する章を読む
復習:レポート課題(理学療法の学問体系と理学療法モデル)
240
6藤澤 宏幸理学療法の実際予習:理学療法の実際に関する章を読む
復習:レポート課題(理学療法の実際)
240
7藤澤 宏幸障害受容予習:障害受容に関する章を読む
復習:レポート課題(障害受容)
240
8藤澤 宏幸「心の旅」をとおして理学療法を考える予習:障害受容に関する章を読む
復習:レポート課題(障害受容)
240
9藤澤 宏幸生きがい・働きがい予習:生きがい・働きがいに関する章を読む
復習:レポート課題(生きがい・働きがい)
240
10藤澤 宏幸日本人の宗教観予習:日本人の宗教観に関する章を読む
復習:レポート課題(日本人の宗教観)
240
11藤澤 宏幸義務と権利予習:義務と権利に関する章を読む
復習:レポート課題(義務と権利)
240
12藤澤 宏幸学ぶということ予習:学ぶということに関する章を読む
復習:レポート課題(学ぶということ)
240
13藤澤 宏幸理学療法と研究予習:理学療法と研究に関する章を読む
復習:レポート課題(理学療法と研究)
240
14藤澤 宏幸「SICKO」をとおして医療制度を考える予習:医療制度に関する章を読む
復習:レポート課題(医療制度)
240
15藤澤 宏幸理学療法士の職域と未来予習:理学療法士の職域と未来に関する章を読む
復習:レポート課題(理学療法士の職域と未来)
240
教科書
藤澤宏幸:理学療法の基層。北樹出版
参考書
特になし
備考
問い合わせ先:科目担当者