理学療法評価技術演習Ⅱ

科目ナンバリング
1010431469

担当者
○小林  武・小野部 純

 
常勤
教員研究室
小林: 3103・小野部: 3219
DP
1,2
配当年次
2年次・前期
授業形式
演習
授業時間
60時間
単位
必修 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 ☑グループワーク ☑プレゼンテーション ☑実習・フィールドワーク □該当なし

【授業内容】

主として徒手筋力検査と神経学的検査の習得を進めるとともに、検査結果が意味する臨床徴候とそこから障害像を推定する思考過程を学ぶ。


【学習の到達目標】

・徒手筋力検査と神経学的検査、パフォーマンステストを安全かつ効率的に実施できる。
・ADLならびにQOLの概念と各種評価尺度について、その特徴と構成要素を説明できる。
・上記の検査・測定における正常値(参考値)と異常値の意味を説明できる。


【成績評価方法】

・実技試験、予習復習テスト、レポートそれぞれの平均点が全て60点以上であることを条件に単位を認定する。
・上記を満たした場合、確認テスト(10%)、予習復習テスト(30%)、実技試験(30%)、レポート(30%)の比率で単位認定する。

【課題等のフィードバック方法】

・実技試験:担当試験官が個別にフィードバックする。
・予習復習テスト:その都度答案を返却する。
・レポート:採点後コメントを入れて返却するとともに、毎回講評を行う。必要に応じ個別にフィードバックする。


【履修上の注意・予習・復習について】

・レポートが各自のノートになるように関連書籍を広く活用してまとめ、予習・復習に活用すること。
・各自所有の検査器具とバスタオルを持参すること。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

・理学療法士として、接遇を含めた基礎的検査測定技術を身につけることができる。
・多種多様な疾患を経験した理学療法士が、様々な理学療法の検査・測定・試験などを正確に、効率よく実施する貯めに必要な知識と技術を教授する。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1小林、小野部筋力検査①筋力検査の総論、股関節屈曲と膝関節伸展のMMTについて予習・復習すること60
2小林、小野部筋力検査②股関節のMMTについて予習し、授業で学んだ当該検査についてレポートにまとめること60
3小林、小野部筋力検査③膝関節、足関節のMMTについて予習し、授業で学んだ当該検査についてレポートにまとめること60
4小林、小野部筋力検査④肩関節のMMTについて予習し、授業で学んだ当該検査についてレポートにまとめること60
5小林、小野部筋力検査⑤肘関節、前腕、手関節のMMTについて予習し、授業で学んだ当該検査についてレポートにまとめること60
6小林、小野部筋力検査⑥頭部、頸部のMMTについて予習し、授業で学んだ当該検査についてレポートにまとめること60
7小林、小野部筋力検査⑦肩甲骨周囲筋、体幹のMMTについて予習し、授業で学んだ当該検査についてレポートにまとめること60
8小林、小野部徒手筋力検査法の総復習、習熟度確認徒手筋力検査法全般について復習・実技練習しておくこと、習熟度確認後には各自の振り返りをまとめること60
9小林、小野部神経学的検査①:感覚検査感覚検査全般について予習し、授業で学んだ当該検査についてレポートにまとめること60
10小林、小野部神経学的検査②:反射・筋トーヌス検査表在反射、深部反射、病的反射、筋トーヌス検査について予習し、授業で学んだ当該検査についてレポートにまとめること60
11小林、小野部神経学的検査③:協調性検査測定異常、反復運動障害、跳ね返り現象等の検査について予習し、授業で学んだ当該検査についてレポートにまとめること60
12小林、小野部神経学的検査④:バランス検査と姿勢反射・反応バランスの定性的・定量的評価法について予習し、授業で学んだ当該検査についてレポートにまとめること60
13小林、小野部臨床評価尺度簡易知能検査、ADL、QOLの評価について予習・復習すること60
14小林、小野部神経学的検査の総復習神経学的検査①〜④を復習して授業に臨むこと、繰り返し実技練習を行うこと60
15小林、小野部神経学的検査の総復習、習熟度確認神経学的検査全般について復習・実技練習しておくこと、習熟度確認後には各自の振り返りをまとめること60
教科書
「新・徒手筋力検査法」津山直一 訳 協同医書出版
「理学療法評価法」千住秀明 監 神陵文庫
参考書
理学療法評価学関係の書籍全般
備考
・複数名の教員が演習指導に参加する。実技試験には専攻専門教員全員が関わる。