地域理学療法学Ⅱ

科目ナンバリング
1010431493

担当者
○三木 千栄・望月 謙一・今泉 美和・和久井志保・八島 泰浩・山中誠一郎・未   定

 
常勤・非常勤
教員研究室
3109
DP
1,2,3,4
配当年次
3年次・後期
授業形式
演習
授業時間
30時間
単位
必修 1単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 ☑グループワーク □プレゼンテーション ☑実習・フィールドワーク □該当なし

【授業内容】

地域理学療法Iで習得した医療・保健・福祉の連携における理学療法について、各専門領域の非常勤講師による事例紹介や施設見学を通して、より実践的な地域理学療法の理解を深める。各授業では、地域理学療法学Iの知識と地域理学療法学IIの実践について、関連付けて解説する。


【学習の到達目標】

1. 利用者の状況(時期と環境)に合わせて、理学療法士として評価と治療(介入)の実践を理解する。


【成績評価方法】

定期試験100%。定期試験の受験資格は、総時間数の8割以上出席していること。

【課題等のフィードバック方法】

授業ごとに質問を受け付けます。


【履修上の注意・予習・復習について】

遅刻と私語を慎み、他の受講者の妨げとならないように注意して下さい。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

利用者が何時、如何なる場所(医療、老健、在宅、その他)にいても理学療法士として、何が出来るか(問題点の抽出、治療(介入)、提案など)を各自が考える力を養います。
実際に地域で活躍している経験豊富な理学療法士・作業療法士が、実践している事例を講義、実習し、臨床で実践できるよう教授する。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1三木 千栄授業の目的と進め方60
2山中誠一郎
三木 千栄
回復期理学療法の実際当日配布される資料などを参考に、講義を復習する。60
3望月 謙一
三木 千栄
訪問理学療法の実際と事例紹介当日配布される資料などを参考に、講義を復習する。60
4今泉 美和
三木 千栄
介護老人福祉施設の理学療法─老人保健施設と老人福祉施設の比較─当日配布される資料などを参考に、講義を復習する。60
5八島 泰浩
三木 千栄
介護老人保健施設の理学療法─集団理学療法の体験─当日配布される資料などを参考に、講義を復習する。60
6和久井志保
三木 千栄
通所リハビリテーションの実際当日配布される資料などを参考に、講義を復習する。60
7三木 千栄福祉用具の導入の実際宮城県介護研修センターを見学し、レポートを作成する。60
8未   定
三木 千栄
急性期から終末期までの流れ当日配布される資料などを参考に、講義を復習する。60
教科書
なし
参考書
なし
備考
授業内容の質問は、各授業終了直後に非常勤講師に聞いて下さい。運営等の問い合わせは、主担当教員に聞いて下さい。