基礎セミナーⅠ

科目ナンバリング
10104214100

担当者
永崎 孝之

 
常勤
教員研究室
3108
DP
1,2,3,4
配当年次
1年次・前期
授業形式
演習
授業時間
30時間
単位
必修 1単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 ☑ディスカッション・ディベート
 ☑グループワーク ☑プレゼンテーション □実習・フィールドワーク □該当なし

【授業内容】

自校教育、アカデミックスキル、ピアエデュケーションを通して、医療人としての態度を育成する。


【学習の到達目標】

1)大学生としての自覚が形成され、自己学習の意識が生まれる
2)あるテーマについて自分の立場を明確にして議論することができる
3)筋・骨を中心に体表解剖・機能解剖学の知識を深める


【成績評価方法】

グループワークおよびディベートの取り組み:20%、体表解剖と機能解剖学振り返り:80%で評価する。

【課題等のフィードバック方法】

授業を通してフィードバックする。


【履修上の注意・予習・復習について】

予習:授業およびディベート等の資料などを必要に応じて準備すること
復習:授業内容の確認


【受講して得られる効果・メリット、その他】

理学療法士になるための基本的な態度を獲得することで、今後の学習を円滑に進められるようになる。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1永﨑オリエンテーション復習:授業内容について60
2永﨑「PTの職域調査」調査日
─グループワーク
予習:事前準備
復習:授業内容について
60
3永﨑「PTの職域調査」発表会予習:事前準備
復習:授業内容について
60
4永﨑「PTの職域調査」発表会予習:事前準備
復習:授業内容について
60
5永﨑ディベート1
─テーマ(1)決定
予習:事前準備
復習:授業内容について
60
6永﨑ディベート2
─テーマ(1)についてディベート1
予習:事前準備
復習:授業内容について
60
7永﨑ディベート3
─テーマ(1)についてディベート2
予習:事前準備
復習:授業内容について
60
8永﨑体表解剖と機能解剖学1
─総論・運動方向の確認
予習:事前準備
復習:授業内容について
60
9永﨑病院見学予習:事前準備
復習:見学内容について
60
10永﨑体表解剖と機能解剖学2
─脊柱と胸郭
予習:事前準備
復習:授業内容について
60
11永﨑体表解剖と機能解剖学3
─上肢骨
予習:事前準備
復習:授業内容について
60
12永﨑体表解剖と機能解剖学4
─上肢骨・下肢骨
予習:事前準備
復習:授業内容について
60
13永﨑体表解剖と機能解剖学5
─下肢骨
予習:事前準備
復習:授業内容について
60
14永﨑体表解剖と機能解剖学6
─神経・脈管系
予習:事前準備
復習:授業内容について
60
15永﨑体表解剖と機能解剖学
─振り返り
予習:事前準備
復習:授業内容について
60
教科書
「運動療法のための機能解剖学的触診技術 第2版 ─上肢─および─下肢・体幹─」 青木隆明監修:メジカルビュー社
「骨格筋の形と触察法」改訂第2版 河上敬介、磯貝香編集 大峰閣
参考書
特になし
備考
問い合わせ先:科目責任者
支援教員として複数名の理学療法学専攻教員が参加する。