基礎セミナーⅣ

科目ナンバリング
10104214103

担当者
○星   孝・鈴木 博人

 
常勤
教員研究室
3104・3220
DP
1,2,3,4
配当年次
2年次・後期
授業形式
演習
授業時間
30時間
単位
必修 1単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 ☑ディスカッション・ディベート
 ☑グループワーク ☑プレゼンテーション □実習・フィールドワーク □該当なし

【授業内容】

本授業は、基礎セミナーⅢと繋げて展開される。基礎セミナーⅢとⅣでは、専門家の養成大学カリキュラムとして重要な臨床実習に備え、「学生」というある意味守られた立場から「専門性を有する社会人」への立場に変容する契機となる講座を用意している。
基礎セミナーⅣでは、身体運動学に基づいた介助法に重点を置き、臨床に即した各疾患に対応する動作支援技術の体得の導入を図る。また、理学療法の実施に必要な対人面接の機会を提供する。


【学習の到達目標】

・臨床的な応用度の高い介助技術を実施し、実施時の方法の説明をする
・実習施設において、医療面接を実施できる


【成績評価方法】

・技術成果:介助技術の習熟度を評価する(50%)
・臨床実習で必要となる手続きや書類の記述について評価する(50%)
・受験資格:当学規定における授業総回数の2/3以上(6回の欠席で失効)を有すること

【課題等のフィードバック方法】

・授業時、もしくは授業後の質問に対し解答する


【履修上の注意・予習・復習について】

・授業内容に関係のない私語や独善的な作業は控える
・講義開始時刻より20分以降は欠席とする
・医療面接では、ケーシーを着用する


【受講して得られる効果・メリット、その他】

・臨床実習Ⅰはもとより、この後の臨床実習全般に必要される対人スキルを体得できる

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1鈴木 博人
星   孝
臨床実習に向けて11
・臨床実習の全体像
・臨床実習の手引きについて60
2鈴木 博人
星   孝
臨床実習に向けて12
・先輩からの助言(2年生×4年生)
・臨床実習の実例や学生としての姿勢60
3鈴木 博人
星   孝
臨床実習に向けて13
・臨床介助技術演習1
・臨床で遭遇する動作に関する身体運動学的な知識の整理
・介助技術の練習
60
4鈴木 博人
星   孝
臨床実習に向けて14
・臨床介助技術演習2
・臨床で遭遇する動作に関する身体運動学的な知識の整理
・介助技術の練習
60
5鈴木 博人
星   孝
臨床実習に向けて15
・臨床介助技術演習3
・臨床で遭遇する動作に関する身体運動学的な知識の整理
・介助技術の練習
60
6鈴木 博人
星   孝
臨床介助技術の確認・動作介助技術の練習、表現、実施60
7鈴木 博人
星   孝
臨床実習に向けて16
・臨床介助技術演習リフレクション
・介助技術の表現、実施に対するリフレクション60
8星   孝
鈴木 博人
臨床実習に向けて17
・医療面接1(オリエンテーション)
・医療面接の実施(オリエンテーション)60
9星   孝
鈴木 博人
臨床実習に向けて18
・医療面接2
・医療面接の実施/面接をする60
10星   孝
鈴木 博人
臨床実習に向けて19
・医療面接3
・医療面接の実施/面接をされる60
11星   孝
鈴木 博人
臨床実習に向けて20
・医療面接4(リフレクション)
・医療面接(リフレクション)60
12鈴木 博人
星   孝
臨床実習に向けて21
・リスク管理と危険予測
・臨床実習時の危険予測と感染予防60
13鈴木 博人
星   孝
臨床実習に向けて22
・臨床実習中の課題と自己学習
・臨床実習で必要な書類や課題の確認60
14鈴木 博人
星   孝
臨床実習に向けて23
・PC操作
・臨床実習で必要な書類や課題文書の記載実践60
15鈴木 博人
星   孝
臨床実習に向けて24
・臨床実習1の最終確認
・臨床実習に向けた講義の復習と講義内容の整理60
教科書
配布資料
講義ノート
参考書
なし
備考
なし