理学療法学総合演習

科目ナンバリング
10104314104

担当者
○三木 千栄・小林  武・村上 賢一・小野部 純・鈴木 博人

 
常勤
教員研究室
3109
DP
1,3
配当年次
3年次・前期
授業形式
演習
授業時間
30時間
単位
必修 1単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 ☑グループワーク □プレゼンテーション ☑実習・フィールドワーク □該当なし

【授業内容】

臨床実習を円滑に進めるため、基礎となる検査・測定技術の知識の整理とコミュニケーション能力の向上に努める。


【学習の到達目標】

1. 臨床実習に必要な基礎的学力ならびに評価・介助技術を修得する。
2. コミュニケーション能力を修得する。


【成績評価方法】

試験結果(100%)から総合的に評価する。ただし、出席状況、演習参加態度に問題があると実技試験を受験できないことがある。

【課題等のフィードバック方法】

授業ごとに質問を受け付ける


【履修上の注意・予習・復習について】

与えられた課題について事前に十分練習すること。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

臨床実習へ向けて知識、技術の整理、確認をすることができる。
多種多様な疾患を経験した理学療法士が、理学療法評価学技術演習等で学んだ知識・技術を、臨床実習で実践できるよう教授する。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1三木 千栄オリエンテーション60
2三木 千栄1・2年次までに修得した知識の再確認①1・2年次の復習60
3村上 賢一理学療法検査
基本事項の確認①
理学療法の検査測定について、基本事項を覚える。60
4村上 賢一理学療法検査
基本事項の確認②
理学療法の検査測定について、基本事項を覚える。60
5小林  武実技 形態計測疾患および障害を理解し、各種の検査測定を実施できる。60
6小林  武実技 ROM疾患および障害を理解し、各種の検査測定を実施できる。60
7三木 千栄1・2年次までに修得した知識の再確認②1・2年次の復習60
8小野部 純実技 感覚検査 疾患および障害を理解し、各種の検査測定を実施できる。60
9小野部 純実技 MMT疾患および障害を理解し、各種の検査測定を実施できる。60
10村上 賢一実技 特殊検査疾患および障害を理解し、各種の検査測定を実施できる。60
11鈴木 博人実技 触診解剖、触診の復習60
12三木 千栄1・2年次までに修得した知識の再確認③1・2年次の復習60
13鈴木 博人実技 起居移乗動作介助基礎セミナーで習得した起居・移乗動作の復習60
14鈴木 博人
三木 
実技 疾患別起居移乗動作介助基礎セミナーでの介護技術の応用60
15三木 千栄・
まとめ
学生へのフィードバック時間
臨床前試験の振り返りをする60
教科書
「理学療法学総合演習」冊子 学内印刷
参考書
なし
備考
質問等は、主担当教員に問い合わせて下さい。