地域理学療法セミナー

科目ナンバリング
10104314108

担当者
○三木 千栄・鈴木  誠・佐藤 敬広・千葉万里子

 
常勤・非常勤
教員研究室
3109
DP
1,2,3,4
配当年次
3年次・前期
授業形式
演習
授業時間
30時間
単位
選択 1単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 ☑グループワーク □プレゼンテーション ☑実習・フィールドワーク □該当なし

【授業内容】

地域で活躍する専門職の方から講義
地域の課題を共に考え、理学療法士ができることを議論し取り組んでいく。


【学習の到達目標】

・在宅生活者を支援する専門職の仕事内容や役割を知る。
・理学療法士が地域の社会資源になりえることを知る。


【成績評価方法】

2/3以上の出席がない場合は評価しない。
課題の提出の内容で100%評価します。

【課題等のフィードバック方法】

質問を毎回の授業の中で受け付ける


【履修上の注意・予習・復習について】

授業中に学生からの発言や行動を求めます。
学生の主体性を重視します。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

・地域や福祉領域で支援している専門職の話を聞き、多職種協働で支援していくことの重要性を学ぶことができる。
・実際の地域で行われている事業を学び、今後地域で理学療法士がいかに貢献できることを考えることができます。
・地域で活動経験のある理学療法士・健康運動指導士、地域包括支援センターの主任介護支援専門員が、地域包括ケアシステム、地域住民主体の介護予防、特別支援学校等での理学療法士による支援を講義、演習を通して地域理学療法の実践を教授する。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1三木 千栄地域理学療法セミナーのオリエンテーション地域包括ケアシステムについて予習する60
2三木 千栄地域包括ケアシステム地域包括ケアシステムの復習
運動器の介護予防の予習
60
3三木 千栄地域づくりと介護予防介護予防の復習
地域包括支援センターの役割等の予習
60
4千葉万里子地域包括支援センターと地域包括ケアシステム地域包括支援センターの役割の復習
町内会の役割の予習
60
5三木 千栄
地域連携センター職員
町内会・連合町内会について町内会の役割の復習
介護予防についての復習
60
6三木 千栄
地域連携センター職員
市区町村で、事業を企画し・実施するには市町村と取り組む事業の流れの復習60
7三木 千栄見学(住民による介護予防自主グループ)予防自主グループについて考える60
8佐藤 敬広
三木 千栄
保健福祉学科の介護予防事業支援他地域で行われている介護予防と国が示す予防、見学した予防自主グループについて相違点などを考える60
9佐藤 敬広
三木 千栄
障害者スポーツ健康運動指導士と障害者スポーツの関わりを考慮し、理学療法士との連携を考える60
10鈴木  誠
三木 千栄
調査─地域課題地域課題について考える60
11鈴木  誠
三木 千栄
調査─地域課題地域課題を調査する手段を考える60
12鈴木  誠
三木 千栄
調査─地域課題地域課題を調査する手段を考える60
13鈴木  誠
三木 千栄
講義─調査の結果地域課題の調査の結果を考える60
14鈴木  誠
三木 千栄
理学療法士の支援学校での活動障害児の学校教育について現状を調べる60
15三木 千栄まとめ理学療法士が取り組める地域課題やその対応を考える60
教科書
なし
参考書
なし
備考
授業にて資料を配布
質問は授業の主担当者にすること。三木研究室(3109)