理学療法研究法演習

科目ナンバリング
10104314110

担当者
○黒後 裕彦・小林  武・髙橋 一揮

 
常勤
教員研究室
3102・3103・3101
DP
1,2,3,4
配当年次
3年次・後期
授業形式
演習
授業時間
30時間
単位
選択 1単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 ☑ディスカッション・ディベート
 □グループワーク □プレゼンテーション ☑実習・フィールドワーク □該当なし

【授業内容】

・理学療法研究の概要について知り、具体例を通して文献の批評の仕方についての理解を深める
・コンピュターを使って実際に文献を検索したり、統計解析を行う


【学習の到達目標】

・研究方法の概要が理解できる
・文献の検索ならびに基本的な批評ができる
・統計解析手法を適切に選択・実践できる


【成績評価方法】

平常点(20%)レポート(30%)筆記試験(50%)

【課題等のフィードバック方法】

講義終了後、質問を受け付け回答する


【履修上の注意・予習・復習について】

・ノートパソコンを持参すること
・本授業専用としてUSBメモリ(1GB以上)を持参すること


【受講して得られる効果・メリット、その他】

・文献を検索し 簡単な批評ができるようになる
・研究データの解析方法論が身につく
・パソコンを使って簡単な統計解析ができるようになる
・パブリックドメインソフトを使用するので、卒後も継続して使用し 続けることができる
・研究業務に従事した理学療法士が、理学療法に関する研究を理解するために必要な知識と技術を教授する

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1黒後 裕彦オリエンテーション終了後は授業内容をまとめておくこと60
2黒後 裕彦研究の種類終了後は「研究の種類」をまとめておくこと60
3黒後 裕彦EBM(1)終了後は「EBM」に関する授業内容をまとめておくこと60
4黒後 裕彦EBM(2)終了後は「EBM」に関する授業内容をまとめておくこと60
5黒後 裕彦
高橋 一揮
論文検索終了後は「論文検索」の方法についてまとめておくこと60
6黒後 裕彦
高橋 一揮
論文の批評終了後は「論文の批評」に関する授業内容をまとめておくこと60
7小林  武ソフトウェアの導入,関連性(独立性)の検討終了後は「関連性(独立性)の検討」の該当部分をまとめておくこと60
8小林  武対応のある2群間の比較終了後は「対応のある2群間の比較」に関する授業内容をまとめておくこと60
9小林  武対応のない2群間の比較終了後は「対応のある2群間の比較」に関する授業内容をまとめておくこと60
10小林  武一元配置分散分析と多重比較終了後は「一元配置分散分析と多重比較」に関する授業内容をまとめておくこと60
11小林  武二元配置分散分析(1)終了後は「二元配置分散分析」に関する授業内容をまとめておくこと60
12小林  武二元配置分散分析(2)終了後は「二元配置分散分析」に関する授業内容をまとめておくこと60
13小林  武回帰と相関終了後は「回帰と相関」に関する授業内容をまとめておくこと60
14小林  武一致度(1):パラメトリックデータ終了後は「一致度」に関する授業内容をまとめておくこと60
15小林  武一致度(2):ノンパラメトリックデータ終了後は「一致度」に関する授業内容をまとめておくこと60
教科書
・フリーソフト js-STAR でかんたん統計データ分析、中野宏幸・田中敏(著)、技術評論社
参考書
・入門 統計学 ~検定から多変量解析・実験計画法まで~、栗原伸一(著)、オーム社
・ユーザーのための教育・心理統計と実験計画法 ~方法の理解から 論文の書き方まで~、 田中敏・山際勇一郎 (著)、教育出版
備考
質問等がある場合、前半(1~6)に関しては黒後に、後半(7~15)に関しては小林に尋ねること