運動制御論

科目ナンバリング
1020321434

担当者
○西澤  哲・高木 大輔・高橋 由美・首藤 和弘・犬塚千賀子・太田 千尋

 
常勤
教員研究室
3212
DP
1
配当年次
2年次・前期
授業形式
講義
授業時間
30時間
単位
必修 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 □グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク ☑該当なし

【授業内容】

解剖学、身体運動学演習および生理学で学んだ身体の形態・構造・機能を踏まえ、具体的な身体運動のメカニズムについて学習する。前半は総論として、身体運動を理解するための運動生理学についての講義を行う。後半は各論として具体的な身体運動(姿勢制御と身体重心、歩行、基本動作の分析。上肢の巧緻動作分析、運動学習など)について、身体運動学実習と関連させながら講義を進める。


【学習の到達目標】

運動・動作の制御を運動学・運動力学、さらに生理学によって説明できるようになること


【成績評価方法】

講義においてレポートを課す。全てのレポート提出を前提として、定期試験100%によって判定する。レポートが全て提出されない場合、単位を認めない。

【課題等のフィードバック方法】

授業内にて説明する。


【履修上の注意・予習・復習について】

復習課題を与えるので、レポートとして提出すること。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

作業療法の基礎となる、身体運動のメカニズムについて理解できる。今後、専門的職業人として医療に従事するためには、必須の学習内容である。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1西澤総論1:筋生理1 予習:解剖学・生理学で学んだ筋生理について、十分に復習しておくこと
復習:課題を行うこと
240
2西澤総論2:筋生理2予習:解剖学・生理学で学んだ筋生理について、十分に復習しておくこと
復習:課題を行うこと
240
3西澤総論3:伸張反射予習:解剖学・生理学で学んだ伸張反射について、十分に復習しておくこと
復習:課題を行うこと
240
4西澤総論4:循環とその制御1予習:解剖学・生理学で学んだ循環器について、十分に復習しておくこと
復習:課題を行うこと
240
5西澤総論5:循環とその制御2予習:解剖学・生理学で学んだ循環器について、十分に復習しておくこと
復習:課題を行うこと
240
6西澤総論6:呼吸とその制御予習:解剖学・生理学で学んだ呼吸について、十分に復習しておくこと
復習:課題を行うこと
240
7西澤総論7:代謝と体温予習:解剖学・生理学で学んだ代謝・体温について、十分に復習しておくこと
復習:課題を行うこと
240
8西澤各論1:重心と姿勢予習:教科書の関連部分を読むこと
復習:課題を行うこと
240
9西澤各論2:手指動作・運動の協調性予習:教科書の関連部分を読むこと
復習:課題を行うこと
240
10西澤各論3:運動学習予習:教科書の関連部分を読むこと
復習:課題を行うこと
240
11西澤各論4:運動動作分析予習:教科書の関連部分を読むこと
復習:課題を行うこと
240
12西澤各論5:歩行の基礎1予習:教科書の関連部分を読むこと
復習:課題を行うこと
240
13西澤各論6:歩行の基礎2予習:教科書の関連部分を読むこと
復習:課題を行うこと
240
14西澤各論7:歩行の基礎3予習:教科書の関連部分を読むこと
復習:課題を行うこと
240
15西澤各論8:歩行の基礎予習:教科書の関連部分を読むこと
復習:課題を行うこと
240
教科書
藤澤宏幸編:日常生活活動の分析(医歯薬出版)
中村隆一他編:基礎運動学(医歯薬出版)
参考書
とくになし
備考
とくになし