基礎作業療法学実習Ⅱ

科目ナンバリング
1020421466

担当者
○王  治文・矢萩 未来・太田 千尋・庄子眞理子・紀国谷眞廣

 
常勤
教員研究室
3205
DP
1,2,3,4
配当年次
1年次・後期
授業形式
実習
授業時間
45時間
単位
必修 1単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 ☑グループワーク □プレゼンテーション ☑実習・フィールドワーク □該当なし

【授業内容】

作業療法の治療手段として用いられている代表的な作業活動について、の基本技術や道具の管理などを学習する。作業活動の治療的意義について理解を深め、作業活動の特性を分析する視点を養う。また臨床で作業活動を提供する際に必要な知識や技術を学習する。


【学習の到達目標】

1.授業中経験した作業活動の基本技術とプロセスを学び、準備作業や道具の管理などを学習する。
2.経験した作業活動が持つ特性について理解を深め、作業活動の意義および治療への応用を考える。
3.作業指導に必要な知識や技術を習得し、対象者へ作業活動を提供する際の注意点、事前準備、計画の立て方を身につける。


【成績評価方法】

成績は講義・実習の出席状況、作品及び作業活動への取り組み(50%)、レポート課題(50%)等により総合的に判断する。

【課題等のフィードバック方法】

実習を通して数種類の活動を体験する際に、その都度フィードバックを行なっていく。質問があった際に、随時受け付けし回答する。また、提出された学習課題を返却する際、フィードバック(提出された記録などの添削)を行う。


【履修上の注意・予習・復習について】

オリエンテーション時に説明する。原則として欠席は認めない。止むを得ない場合教員に相談する。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

作業活動に対する分析の視点を深めることができるほか、臨床で対象者へ作業活動を提供する際の注意点、事前準備、計画の立て方を身につける。
臨床時に対象者の方々に指導した作業に関しての経験を踏まえて実技を教える。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1太田・王・矢萩オリエンテーション 予習:なし
復習:配布資料の確認
-
2庄子・太田音楽予習:教科書P96-102を読む
復習:実習記録の作成など
-
3庄子・太田音楽予習:教科書P96-102を読む
復習:作業分析表の作成など
-
4太田・王音楽に関する作業分析予習:教科書P96-102を読む
復習:音楽に関する学習内容を読み返す
-
5紀国谷・太田陶芸予習:教科書P68-77を読む
復習:実習記録の作成など
-
6紀国谷・太田陶芸予習:教科書P68-77を読む
復習:実習記録の作成など
-
7紀国谷・太田陶芸予習:教科書P68-77を読む
復習:実習記録の作成など
-
8紀国谷・太田陶芸予習:教科書P68-77を読む
復習:作業分析表の作成など
-
9太田・王陶芸に関する作業分析予習:教科書P68-77を読む
復習:陶芸に関する学習内容を読み返す
-
10太田・王ネット手芸予習:教科書P123-128を読む
復習:実習記録の作成など
-
11太田・王ネット手芸予習:教科書P123-128を読む
復習:作業分析表の作成など
-
12太田・王ネット手芸に関する作業分析予習:教科書P123-128を読む
復習:ネット手芸に関する学習内容を読み返す
-
13太田・矢萩教授法・グループ活動予習(準備):作業活動の提供に関するグループでの打ち合わせをする
復習:レポートの作成
-
14太田・矢萩グループ活動予習(準備):作業活動の提供に関するグループでの打ち合わせをする
復習:レポートの作成
-
15太田・矢萩グループ活動予習(準備):作業活動の提供に関するグループでの打ち合わせをする
復習:レポートの作成
-
教科書
「作業療法学ゴールドマスターテキスト2 作業学(改定第2版)」※1年前期に購入済み
参考書
「ひとと作業・作業活動」新版 山根寛著 三輪書店2015
他:授業に用いられる活動などに関連する本、授業の際に紹介する
備考
内容により学外講師が担当することもあり、講師の都合により時間を変更する可能性がある。学内の掲示板をよく確認すること。
問い合わせ先:太田 千尋