作業療法評価学実習Ⅰ

科目ナンバリング
1020431471

担当者
○首藤 和弘・王  治文・高木 大輔・太田 千尋

 
常勤
教員研究室
3106
DP
1,2,3,4
配当年次
2年次・前期
授業形式
実習
授業時間
45時間
単位
必修 1単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 □グループワーク □プレゼンテーション ☑実習・フィールドワーク □該当なし

【授業内容】

評価とは、さまざまな方法で情報を収集し、整理・分析・統合・解釈するという過程である。作業療法で用いられる評価の手段にはさまざまな方法がある。そのため、より多くの検査法を学び、必要な検査法を選択し正確に実施できると同時に、得られた結果を解釈できることが求められる。この授業では、主として運 動・感覚系に関する基本的な検査法の習得を目的とする。また、学んだ評価項目や方法の知識を基に評価実施計画立案の練習を行い、臨床実習で必要な思考過程を学習する。


【学習の到達目標】

運動・感覚系に関する基本的な検査法を理解する。


【成績評価方法】

筆記試験 50% 実技試験 50%

【課題等のフィードバック方法】

筆記試験や実技試験終了後にフィードバックを行う。学習が不足していた部分などを確認し、復習すること。


【履修上の注意・予習・復習について】

実技科目であるため、予習復習は怠らないようにすること。また、ケーシーや動きやすい服装(ジャージ等)で行う予定である。服装については、初回授業にて連絡する。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

・主に身体障害領域で用いる運動・感覚系に関する基本的な検査法を理解できる。
・臨床実習で行う評価の一部を学習することができる。これらの評価は今後の臨床実習で経験することが多い。作業療法士の実践課程の一部(導入部)の理解が深められる。
・作業療法士として臨床で使用した評価を中心に経験を生かして授業を行う。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1太田オリエンテーション予習:1年次に受講した「作業療法評価学」の内容を見返す 復習:授業内容の確認-
2高木感覚検査予習:「評価学第3版P114~129」を読む 復習:授業内容の確認-
3首藤反射(深部および病的反射)/脳神経検査予習:「作業療法評価学第3版p130~137、p168~183」を読む 復習:授業内容の確認-
4太田上肢機能検査(STEF)予習:「作業療法評価学第3版p205~206」を読む 復習:授業内容の確認-
5高木・太田上肢機能検査(STEF)予習:「作業療法評価学第3版p205~206」を読む 復習:授業内容の確認-
6高木・太田上肢機能検査(MFT) 予習:「作業療法評価学第3版p200~207」を読む 復習:授業内容の確認-
7太田器具を用いた筋力測定予習:「作業療法評価学第3版p102~107」を読む 復習:授業内容の確認-
8太田徒手筋力検査総論予習:「作業療法評価学第3版p96~105」および「徒手筋力検査法第3章~第6章」を読む 復習:授業内容の確認-
9首藤・王・高木・太田徒手筋力検査(頚部・体幹)予習:「作業療法評価学第3版p96~105」および「徒手筋力検査法第3章~第6章」を読む 復習:授業内容の確認-
10首藤・王・高木・太田徒手筋力検査(頚部・体幹)(肩甲帯~前腕)予習:「作業療法評価学第3版p96~105」および「徒手筋力検査法第3章~第6章」を読む 復習:授業内容の確認-
11首藤・王・高木・太田徒手筋力検査(肩甲帯~前腕)予習:「作業療法評価学第3版p96~105」および「徒手筋力検査法第3章~第6章」を読む 復習:授業内容の確認-
12首藤・王・高木・太田徒手筋力検査(手関節~手指予習:「作業療法評価学第3版p96~105」および「徒手筋力検査法第3章~第6章」を読む 復習:授業内容の確認-
13首藤・王・高木・太田徒手筋力検査(手関節~手指)(下肢)予習:「作業療法評価学第3版p96~105」および「徒手筋力検査法第3章~第6章」を読む 復習:授業内容の確認-
14首藤・王・高木・太田徒手筋力検査(下肢)予習:「作業療法評価学第3版p96~105」および「徒手筋力検査法第3章~第6章」を読む 復習:授業内容の確認-
15太田授業のまとめ予習:これまでの授業資料の確認 復習:授業内容の確認-
教科書
①「標準作業療法学 専門分野 作業療法評価学第3版」医学書院 ※1年後期に購入済み ②「新・徒手筋力検査法 第9版」協同医書出版社
参考書
①「ベッドサイドの神経の診かた 改訂18版」南山堂 ②「基礎運動学 第6版補訂」医歯薬出版
備考
質問や疑問がある時には、上記の担当教員に質問すること。