身体障害作業療法学演習Ⅱ

科目ナンバリング
1020431478

担当者
○王  治文・大黒 一司・高木 大輔

 
常勤
教員研究室
3205
DP
1,2,3,4
配当年次
3年次・前期
授業形式
演習
授業時間
30時間
単位
必修 1単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 □グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク ☑該当なし

【授業内容】

身体障害をもたらす運動器疾患、内科系疾患のうち、作業療法の対象となる主なものを取り上げ、その疾患に対する作業療法の実践過程を学ぶ。内容は各疾患の特性を理解し、必要な評価手段の選択・実施、作業療法実施プログラムの立案とその実施方法について演習を通して理解を深める。


【学習の到達目標】

身体障害をもたらす運動器系、内科系疾患に対する作業療法の過程を理解する。


【成績評価方法】

授業への参加状況10%、定期試験90%

【課題等のフィードバック方法】

担当教員は学生の授業内容等に関する相談に応じる。


【履修上の注意・予習・復習について】

テキストの該当部分を事前に読み、今まで学習した関連内容を復習し、授業開始までに十分な準備をすること。授業終了後復習を行うこと。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

身体障害をもたらす運動器系、内科系疾患に対する作業療法の過程を理解できる。
臨床時に経験した各種疾患、外傷に対する身体障害作業療法に関しての経験を活かして講義する。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1オリエンテーション
中枢神経疾患作業療法:頭部外傷1
予習:教科書の該当部分、今まで学習した関連内容
復習:授業内容
60
2中枢神経疾患作業療法:頭部外傷2予習:教科書の該当部分、今まで学習した関連内容
復習:授業内容
60
3神経変性疾患作業療法:脊髄小脳変性症予習:教科書の該当部分、今まで学習した関連内容
復習:授業内容
60
4神経変性疾患作業療法:筋萎縮性側索硬化症予習:教科書の該当部分、今まで学習した関連内容
復習:授業内容
60
5神経筋疾患作業療法:多発性硬化症予習:教科書の該当部分、今まで学習した関連内容
復習:授業内容
60
6神経筋疾患作業療法:ギラン・バレー症候群予習:教科書の該当部分、今まで学習した関連内容
復習:授業内容
60
7神経筋疾患作業療法:強直性筋ジストロフィー症、重症筋無力症予習:教科書の該当部分、今まで学習した関連内容
復習:授業内容
60
8神経筋疾患作業療法まとめ予習:教科書の該当部分、今まで学習した関連内容
復習:授業内容
60
9大黒骨関節疾患作業療法:骨折予習:教科書の該当部分、今まで学習した関連内容
復習:授業内容
60
10大黒骨関節疾患作業療法:末梢神経損傷予習:教科書の該当部分、今まで学習した関連内容
復習:授業内容
60
11大黒骨関節疾患作業療法:腱損傷予習:教科書の該当部分、今まで学習した関連内容
復習:授業内容
60
12大黒骨関節疾患作業療法:熱傷予習:教科書の該当部分、今まで学習した関連内容
復習:授業内容
60
13高木骨関節疾患作業療法:腰痛症予習:教科書の該当部分、今まで学習した関連内容
復習:授業内容
60
14高木内部障害作業療法:糖尿病予習:教科書の該当部分、今まで学習した関連内容
復習:授業内容
60
15高木内部障害作業療法:悪性腫瘍
まとめ
予習:教科書の該当部分、今まで学習した関連内容
復習:授業内容
60
教科書
標準作業療法学 専門分野 身体機能作業療法学 山口昇・玉垣努 編集 医学書院 ※2年前期購入済み
「作業療法学全書 改訂3版 第4巻 身体障害」日本作業療法士協会編 協同医書出版社 ※2年前期購入済み
参考書
解剖学、生理学、身体運動学演習、臨床医学概論、内部障害系病学、神経障害系病学、股関節障害系病学、リハビリテーション医学等履修の際に使用した教科書
備考
授業内容に関して、各担当教員にお問い合わせください。日程や成績等に関して、主担当教員にお問い合わせください。