司法福祉論

科目ナンバリング
1070441957

担当者
前川  勤

 
非常勤
教員研究室
非常勤講師室
DP
1,2,3,4
配当年次
4年次・後期
授業形式
講義
授業時間
15時間
単位
選択 1単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 □グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク ☑該当なし

【授業内容】

司法福祉論は、更生保護を中心に犯罪を犯した者や非行のある少年の更生と再犯防止とは何かを学びます。
対象者を理解し、相談援助活動を行う上で必要な更生保護制度について学び、司法分野で活動している専門職・組織・団体等についての理解を深めます。
また、関係機関との連携や医療観察制度を概観した上で、事例を通して更生保護と相談援助のあり方について学びます。


【学習の到達目標】

相談援助技術と更生保護制度の関係性を理解し、必要な知識を獲得します。
非行や罪を犯した人に対する区別や差別をなくし、やり直しができる社会をつくるとはどのようなことかを獲得する。


【成績評価方法】

レポートにより評価します。(100%)
但し、出席回数が規定に達していない場合は、放棄したものとみなし、評価しません。

【課題等のフィードバック方法】

1単位8時間の講義のため、授業中の質疑応答で対応します。


【履修上の注意・予習・復習について】

1単位8回の講義です。出席回数に注意すること。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

更生保護の最新の情報を提供します。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1前川  勤更生保護制度の概要(1)少年非行について218
2前川  勤更生保護制度の概要(2)犯罪について218
3前川  勤更生保護の歴史更生保護法について218
4前川  勤事例研究非行や犯罪からの立ち直りについて218
5前川  勤更生保護制度と専門職との関係専門職の役割について218
6前川  勤事例研究再犯防止について218
7前川  勤医療観察制度医療観察制度について218
8前川  勤これからの更生保護と社会福祉士地域社会の中で立ち直りを支えることと社会福祉士の役割について218
教科書
新・社会福祉士養成講座20「更生保護制度」最新版 中央法規出版
参考書
授業で紹介します。
備考
特になし。