認知症の理解Ⅱ

科目ナンバリング
1070431974

担当者
菅谷 洋子

 
常勤
教員研究室
3306
DP
1,2,3,4
配当年次
3年次・後期
授業形式
講義
授業時間
30時間
単位
必修 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 ☑ディスカッション・ディベート
 ☑グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク □該当なし

【授業内容】

認知症に関する基礎的知識を習得するとともに、認知症の人を中心に据え、本人や家族、地域の力を活かした認知症ケアについて理解するための基礎的な知識を習得する。Ⅱでは、認知症高齢者施策とケアの歴史的展開と地域における家族支援の在り方について学ぶ。


【学習の到達目標】

1. 認知症ケアの理念(パーソンセンタードケア)について理解する。
2. 認知症ケアの歴史的展開について理解する。
3. 認知症の方々を支える社会システムについて理解する。
4. 家族の介護負担と支援の在り方について理解する。


【成績評価方法】

平常点10 %、レポート10%、定期試験80%

【課題等のフィードバック方法】

・講義終了後、質問を受け付け回答する。
・レポートの解説を次の授業で行う。


【履修上の注意・予習・復習について】

携帯電話の使用や私語、飲食は厳禁とする。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

・この科目は、介護福祉士養成課程の科目である。
・認知症のある人の個別性を重視した生活支援のための医学的な基礎知識を習得できる。
・看護師の経験がある教員が実務経験を活かし、認知症の人の対応の基本と応用等を講義する。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1菅谷 洋子ガイダンス―認知症ケアの理念と歴史的展開Ⅰ-ケアの概念教科書の学習内容に該当する部分をよく読んで、レポートにまとめる。詳細は授業中に指示する。240
2菅谷 洋子認知症ケアの理念とケアの歴史的展開Ⅱ教科書の学習内容に該当する部分をよく読んで、レポートにまとめる。詳細は授業中に指示する。240
3菅谷 洋子認知症ケアに携わる人々―専門職と専門資格制度の理解教科書の学習内容に該当する部分をよく読んで、レポートにまとめる。詳細は授業中に指示する。240
4菅谷 洋子連携と協働Ⅰ-地域におけるサポート体制―地域包括支援センターの役割・機能、コミュニティ、地域連携、町づくり教科書の学習内容に該当する部分をよく読んで、レポートにまとめる。詳細は授業中に指示する。240
5菅谷 洋子連携と協働Ⅱ-地域におけるサポート体制―地域包括支援センターの役割・機能、コミュニティ、地域連携、町づくり(実践事例紹介)教科書の学習内容に該当する部分をよく読んで、レポートにまとめる。詳細は授業中に指示する。240
6菅谷 洋子連携と協働Ⅲ-介護保険制度の改正―2015年の高齢者介護教科書の学習内容に該当する部分をよく読んで、レポートにまとめる。詳細は授業中に指示する。240
7菅谷 洋子家族への支援Ⅰ-家族が認知症を受容できるまでのプロセス教科書の学習内容に該当する部分をよく読んで、レポートにまとめる。詳細は授業中に指示する。240
8菅谷 洋子家族への支援Ⅱ-介護負担と介護力評価(アセスメント)教科書の学習内容に該当する部分をよく読んで、レポートにまとめる。詳細は授業中に指示する。240
9菅谷 洋子家族への支援Ⅲ-レスパイトケア、地域での家族サポート体制教科書の学習内容に該当する部分をよく読んで、レポートにまとめる。詳細は授業中に指示する。240
10菅谷 洋子利用者と家族への支援を通してⅠ教科書の学習内容に該当する部分をよく読んで、レポートにまとめる。詳細は授業中に指示する。240
11菅谷 洋子利用者と家族への支援を通してⅡ教科書の学習内容に該当する部分をよく読んで、レポートにまとめる。詳細は授業中に指示する。240
12菅谷 洋子利用者と家族への支援を通してⅢ教科書の学習内容に該当する部分をよく読んで、レポートにまとめる。詳細は授業中に指示する。240
13菅谷 洋子利用者と家族への支援を通してⅣ教科書の学習内容に該当する部分をよく読んで、レポートにまとめる。詳細は授業中に指示する。240
14菅谷 洋子利用者と家族への支援を通してⅤ教科書の学習内容に該当する部分をよく読んで、レポートにまとめる。詳細は授業中に指示する。240
15菅谷 洋子まとめ教科書の学習内容に該当する部分をよく読んで、レポートにまとめる。詳細は授業中に指示する。240
教科書
認知症の理解と介護 メヂカルフレンド社
参考書
適時資料を配布する
備考
特になし