専門研究Ⅱ

科目ナンバリング
10704419112

担当者
○未定・保健福祉学科教員

 
常勤
教員研究室
 
DP
1
配当年次
4年次・後期
授業形式
講義
授業時間
30時間
単位
選択 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 ☑グループワーク ☑プレゼンテーション □実習・フィールドワーク □該当なし

【授業内容】

本講義を始め、「専門研究Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ」は3つの科目が組み合わさって一つの体系を成し、4年間の社会福祉専門職教育のまとめに該当する科目である。これまで学んだ社会学的な歴史、生物心理学的人間学、福祉理念と基礎理論、社会福祉方法論などを横断的に整理統合してより深い知識と理解をつくることを目的とする。とりわけ「専門研究Ⅱ」では生物学的あるいは心理学的に人間理解を深めることに目標がある。具体的には生物学的視点から人間の発達と成長、そして老化を取り上げる。また、環境と生活の関連、経済状況と生活の関連、地域コミュニティと個人生活などをキーワードに横断的総合的に学ぶことを目標とする。授業は講義形式ではあるが、少人数での毎回グループ学習、プレゼンテーションを課題とする。


【学習の到達目標】

人間の生活システムをとらえる視点としては以下の諸点から理解をすすめる
①発達という視点からの人間の理解
②心理特性という視点からの人間の理解
③環境と生活の関係からみた人間の理解
④経済状況と生活の関係からみた人間の理解
⑤地域コミュニティと個人生活という関係から見た人間の理解


【成績評価方法】

○3分の2を超えて出席しない場合は履修放棄とみなす
○専門研究Ⅰ・Ⅲとの共通試験(150点満点)の素点により評価する

【課題等のフィードバック方法】

講義終了後質問を受付回答する


【履修上の注意・予習・復習について】

学生の主体的な参加を求める


【受講して得られる効果・メリット、その他】

これまでの各科目を超えた横断的な理解を深めることにつながる。
社会福祉士・精神保健福祉士国家試験対策も同時にすすめる。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1保健福祉学科教員オリエンテーショングループワーク準備
詳細は講義時に指示
240
2保健福祉学科教員人体の構造と機能及び疾病グループワーク準備
詳細は講義時に指示
240
3保健福祉学科教員人体の構造と機能及び疾病グループワーク準備
詳細は講義時に指示
240
4保健福祉学科教員保健医療サービスグループワーク準備
詳細は講義時に指示
240
5保健福祉学科教員保健医療サービスグループワーク準備
詳細は講義時に指示
240
6保健福祉学科教員心理学理論と心理的支援グループワーク準備
詳細は講義時に指示
240
7保健福祉学科教員心理学理論と心理的支援グループワーク準備
詳細は講義時に指示
240
8保健福祉学科教員福祉サービスの組織と経営グループワーク準備
詳細は講義時に指示
240
9保健福祉学科教員福祉サービスの組織と経営グループワーク準備
詳細は講義時に指示
240
10保健福祉学科教員権利擁護と成年後見制度グループワーク準備
詳細は講義時に指示
240
11保健福祉学科教員権利擁護と成年後見制度グループワーク準備
詳細は講義時に指示
240
12保健福祉学科教員更生保護制度グループワーク準備
詳細は講義時に指示
240
13保健福祉学科教員更生保護制度グループワーク準備
詳細は講義時に指示
240
14保健福祉学科教員地域福祉の理論と方法グループワーク準備
詳細は講義時に指示
240
15保健福祉学科教員地域福祉の理論と方法グループワーク準備
詳細は講義時に指示
240
教科書
別途指示する。
参考書
なし。
備考
・社会福祉士・精神保健福祉士国家試験受験予定者は必ず履修のこと。
・質問等問い合わせについては、国家試験対策委員の教員にすること。