感覚器解剖・生理

科目ナンバリング
1040321234

担当者
辻川  寛

 
常勤
教員研究室
4203
DP
3
配当年次
2年次・前期
授業形式
講義
授業時間
30時間
単位
必修 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 □グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク ☑該当なし

【授業内容】

視覚器を中心に、さまざまな感覚器の構造と機能について深く学ぶ。また、特殊感覚器が集中する頭頚部の解剖と生理について深く学修する。


【学習の到達目標】

視覚、聴覚、平衡覚、嗅覚、味覚、皮膚感覚等について解剖学及び生理学知識を修得し、各器官の機能の意味を理解できるようになる。


【成績評価方法】

平常点(受講態度、小テストなど)20%
定期試験 80%

【課題等のフィードバック方法】

小テストや中間テストは、その後の授業にて解説する。


【履修上の注意・予習・復習について】

毎回、講義内容についてのプリントを配布するので、これに沿った十分な復習が必須である。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

1年次の解剖・生理学概論で学んだ知識を深め、これから視覚機能学専攻で専門基礎科目や専門科目を学ぶために必要な知識を得ることができる。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1辻川  寛ガイダンス、感覚器総論教科書 第9章A、プリント240
2辻川  寛視覚器の解剖・生理①教科書 第9章B、プリント、『視能学』【1】240
3辻川  寛視覚器の解剖・生理②教科書 第9章B、プリント、『視能学』【1】240
4辻川  寛視覚器の解剖・生理③教科書 第9章B、プリント、『視能学』【1】240
5辻川  寛聴覚・平衡覚器の解剖・生理①教科書 第9章C、プリント240
6辻川  寛聴覚・平衡覚器の解剖・生理②教科書 第9章C、プリント240
7辻川  寛味覚器の解剖・生理教科書 第9章E、プリント240
8辻川  寛嗅覚器の解剖・生理教科書 第9章D、プリント240
9辻川  寛皮膚感覚など教科書 第9章F、プリント240
10辻川  寛頭部筋骨格系教科書 第10章G、プリント240
11辻川  寛感覚器と脈管系教科書 第2章、第8章C、プリント、『視能学』【1】240
12辻川  寛感覚器と神経系①(脳神経)教科書 第8章E、プリント、『視能学』【1】240
13辻川  寛感覚器と神経系②(自律神経)教科書 第7章B、プリント、『視能学』【1】240
14辻川  寛感覚器と神経系③(脳)教科書 第8章B、プリント、『視能学』【1】240
15辻川  寛感覚器と神経系④(伝導路)、感覚器の発生教科書 第8章G、プリント、『視能学』【1】240
教科書
なるほどなっとく!解剖生理学 多久和典子・多久和陽(著)南山堂
参考書
視能学(第2版/丸尾敏夫・久保田伸枝・深井小久子編/文光堂)
備考
なし