小児科学

科目ナンバリング
1040321244

担当者
仁尾 栄子

 
非常勤
教員研究室
非常勤講師室
DP
3
配当年次
1年次・後期
授業形式
講義
授業時間
15時間
単位
必修 1単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 □グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク ☑該当なし

【授業内容】

小児は成長発達の過程にあり、成人対象の内科学とは異なった視点が必要である。本科目では、小児の成長発達と小児保健の概要の解説、および小児期特有の疾患の主要なものについて、診断・治療の解説をする。


【学習の到達目標】

1 小児の正常な発育過程と小児保健の概要について要点を理解する。
2 小児期特有の主要疾患について、診断・治療の概要を理解する。


【成績評価方法】

毎回講義終了時に行う小テスト40%。(出席確認を兼ねる)
全講義終了時に行う試験60%。(9回目の講義時間内に行う)

【課題等のフィードバック方法】

小テストの講評と解説は次の講義時に行う。


【履修上の注意・予習・復習について】

講義中に要点を理解し覚えるように努めること。
毎回講義終了時に内容についての小テストを行う(出席確認を兼ねる)ので、その問題を中心に復習すること。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

小児の正常な発育過程や小児保健について、および小児期特有の疾患の基礎を学ぶことができ、将来、医療スタッフの一員として小児と接する上での基本的知識が得られる。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1仁尾 栄子小児の成長・発達と小児保健
診断治療の概要
小テストの問題中心に復習。218
2仁尾 栄子新生児未熟児疾患
先天異常、遺伝病
小テストの問題中心に復習。218
3仁尾 栄子神経筋疾患小テストの問題中心に復習。218
4仁尾 栄子循環器疾患、呼吸器疾患
感染症
小テストの問題中心に復習。218
5仁尾 栄子感染症続き
消化器疾患、内分泌・代謝疾患
小テストの問題中心に復習。218
6仁尾 栄子血液疾患、免疫・アレルギー疾患小テストの問題中心に復習。218
7仁尾 栄子腎・泌尿器疾患
腫瘍性疾患、その他
小テストの問題中心に復習。218
8仁尾 栄子重症心身障害児、眼科・耳鼻科疾患
総復習
8回分の小テストの復習。218
教科書
特になし。
参考書
冨田豊編集  「標準理学療法学・作業療法学 専門基礎分野 小児科学(第5版)」(医学書院)
黒田泰弘監修 「最新育児小児病学(改訂第6版)」 (南江堂)
備考
特になし。