眼科臨床機器学演習

科目ナンバリング
1040441273

担当者
○坂本 保夫・藤掛 利顕

 
常勤・非常勤
教員研究室
4205
DP
3
配当年次
4年次・後期
授業形式
演習
授業時間
30時間
単位
必修 1単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 ☑ディスカッション・ディベート
 ☑グループワーク ☑プレゼンテーション □実習・フィールドワーク □該当なし

【授業内容】

眼科臨床機器学で学修した機器を実際に操作し、機器の特長・構造、検査データの意味、情報処理法とデータ管理システムなどについて学修する。その機器の長所・短所、操作性、測定限界と再現性などを評価する。


【学習の到達目標】

計測の再現性を検討することにより、検査精度の重要性を知り、 関連検査を含め、検査の流れ、臨床研究の進め方を習得する。1) 各検査機器の操作が安全かつ正確に行える。2) 被検者とのコミュニケーションが支障なく行える。3) 各機器のレポートを、効率的にプレゼンテーションが行える。


【成績評価方法】

平常点:10%、実技試験・ディスカッション:40%、レポート:50%

【課題等のフィードバック方法】

レポート課題はコメント、プレゼンテーションに対してはディスカッションでフィードバックを行う。


【履修上の注意・予習・復習について】

「眼科臨床機器学」の講義資料を十分に復習しておくこと。機器の安全管理を十分行い、事故のないように教員の指示に従うこと。白衣を着用のこと。ディスタントメータ、ペンライトは持参すること。グループ演習のため、原則、遅刻は認めない。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

最新の臨床機器は自動計測法が多用されているが、得られるデータの良し悪しを最初に評価するのは検査員である。本演習ではその評価のポイント(いわゆるコツ)を知ることができる。疾患の診断・治療方針を決定するには、検査精度の高いデータが要求される。本演習ではこれからの臨床で遭遇する最新機器の精度、特長など詳細な情報が得られる。また最大のメリットは、本演習は最新の機器に触れるチャンスである。
眼科臨床機器メーカー・ディラーの研究/開発/営業各部門からセールスエンジニア、特に視能訓練士有資格者を招聘し、最新の眼科臨床機器・光学機器においてハンズオンセミナーを行う。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1坂本 保夫視力検査器機演習機器の添付書類(Pmda)を熟読予習し、基本動作となる機器の起動・終了・点検について復習する。60
2坂本 保夫視力検査器機演習機器についてレポートにまとめる。60
3坂本 保夫コントラスト・グレアテスタ演習機器の添付書類(Pmda)を熟読予習し、基本動作となる機器の起動・終了・点検について復習する。60
4坂本 保夫コントラスト・グレアテスタ演習機器についてレポートにまとめる。60
5坂本 保夫角膜形状解析装置演習機器の添付書類(Pmda)を熟読予習し、基本動作となる機器の起動・終了・点検について復習する。60
6坂本 保夫角膜形状解析装置演習機器についてレポートにまとめる。60
7坂本 保夫眼波面収差計演習機器の添付書類(Pmda)を熟読予習し、基本動作となる機器の起動・終了・点検について復習する。60
8坂本 保夫眼波面収差計演習機器についてレポートにまとめる。60
9坂本 保夫光干渉断層計(前眼部)演習機器の添付書類(Pmda)を熟読予習し、基本動作となる機器の起動・終了・点検について復習する。60
10坂本 保夫光干渉断層計(前眼部)演習機器についてレポートにまとめる。60
11坂本 保夫光干渉断層計(眼底)演習機器の添付書類(Pmda)を熟読予習し、基本動作となる機器の起動・終了・点検について復習する。60
12坂本 保夫光干渉断層計(眼底)演習機器についてレポートにまとめる。60
13藤掛 利顕手術顕微鏡演習機器の添付書類(Pmda)を熟読予習し、基本動作となる機器の起動・終了・点検について復習する。60
14藤掛 利顕手術顕微鏡演習機器についてレポートにまとめる。60
15坂本 保夫最新眼科臨床機器の情報眼科臨床機器の最新情報についてレポートにまとめる。60
教科書
配布資料
参考書
眼科検査法ハンドブック(第4版/小口芳久・他/医学書院)
眼科プラクティス25 眼のバイオメトリー「眼を正確に測定する」(大鹿哲郎/文光堂)
専門医のための眼科診療クオリファイ(24) 前眼部の画像診断(前田直之 編/中山書店)
OCTアンギオグラフィ コアアトラアス(吉村長久 編/医学書院)
備考
質問・問合せ:坂本保夫