基礎物理学

科目ナンバリング
1090211615

担当者
和田  仁

 
常勤
教員研究室
1405
DP
1,4
配当年次
1年次・前期
授業形式
講義
授業時間
30時間
単位
選択 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 ☑ディスカッション・ディベート
 □グループワーク ☑プレゼンテーション □実習・フィールドワーク □該当なし

【授業内容】

大学教養レベルの物理学を学ぶ。物理学は工学全般の基礎であり,全ての自然現象および人工的な現象を科学的に理解するための必須科目である。全ての事象の本質的な理解は,技術の正しい応用に不可欠である。本講義では,理工系大学教養レベルの物理学を正しく理解することを目指すが,いたずらに数式に振り回されないよう,図を多用し本質的かつ定性的な理解を目指す。


【学習の到達目標】

理工系大学教養レベルの物理学を正しく理解する。


【成績評価方法】

平常点50%,定期試験50%

【課題等のフィードバック方法】

宿題の解説を次の授業で行う。


【履修上の注意・予習・復習について】

数式を用いることが多いので,高校で習った数学を復習しておくこと。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

万物の真理を理解できるようになる。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1和田  仁はじめに 1240
2和田  仁はじめに 2240
3和田  仁運動 1「運動 1」に関する部分を読んで予習する。教科書の問題を解き学習内容で不確実な部分を復習する。240
4和田  仁運動 2「運動 2」に関する部分を読んで予習する。教科書の問題を解き学習内容で不確実な部分を復習する。240
5和田  仁力と運動 1「力と運動 1」に関する部分を読んで予習する。教科書の問題を解き学習内容で不確実な部分を復習する。240
6和田  仁力と運動 2「力と運動 2」に関する部分を読んで予習する。教科書の問題を解き学習内容で不確実な部分を復習する。240
7和田  仁仕事とエネルギー 1「仕事とエネルギー 1」に関する部分を読んで予習する。教科書の問題を解き学習内容で不確実な部分を復習する。240
8和田  仁仕事とエネルギー 2「仕事とエネルギー 2」に関する部分を読んで予習する。教科書の問題を解き学習内容で不確実な部分を復習する。240
9和田  仁周期運動 1「周期運動 1」に関する部分を読んで予習する。教科書の問題を解き学習内容で不確実な部分を復習する。240
10和田  仁周期運動 2「周期運動 2」に関する部分を読んで予習する。教科書の問題を解き学習内容で不確実な部分を復習する。240
11和田  仁連続体の力学 1「連続体の力学 1」に関する部分を読んで予習する。教科書の問題を解き学習内容で不確実な部分を復習する。240
12和田  仁連続体の力学 2「連続体の力学 2」に関する部分を読んで予習する。教科書の問題を解き学習内容で不確実な部分を復習する。240
13和田  仁波動 1「波動 1」に関する部分を読んで予習する。教科書の問題を解き学習内容で不確実な部分を復習する。240
14和田  仁波動 2「波動 1」に関する部分を読んで予習する。教科書の問題を解き学習内容で不確実な部分を復習する。240
15和田  仁まとめ教科書の章末問題を予習し解いてみる。これまでの学習を総復習する。240
教科書
「物理学入門」 原康夫著 学術図書出版社
参考書
なし
備考
後期に開講される「物理学」を履修することが望ましい。