機械工学概論

科目ナンバリング
1090321652

担当者
和田  仁

 
常勤
教員研究室
1405
DP
1,3
配当年次
2年次・前期
授業形式
講義
授業時間
30時間
単位
選択 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 □グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク ☑該当なし

【授業内容】

物を製作するためには機械的知識が必須となる。本講義では、機械工学の基本となる4力学、すなわち材料力学、機械力学、流体力学および熱力学について講述し、工学技術者に必要とされる機械工学の基礎知識を習得する。


【学習の到達目標】

工業製品の構造や性能を機械工学の立場から理解し、説明することができる。


【成績評価方法】

平常点50%、定期試験50%

【課題等のフィードバック方法】

宿題の解説を次の授業で行う。


【履修上の注意・予習・復習について】

数式を用いることが多いので、高校で習った数学を復習しておくこと。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

工業製品の構造や性能を理解できるようになる。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1和田  仁はじめに 1240
2和田  仁はじめに 2240
3和田  仁材料力学 1「材料力学 1」に関する部分を読んで予習する。学習内容を復習する。240
4和田  仁材料力学 2「材料力学 2」に関する部分を読んで予習する。学習内容を復習する。240
5和田  仁材料力学 3「材料力学 3」に関する部分を読んで予習する。学習内容を復習する。240
6和田  仁機械力学 1「機械力学 1」に関する部分を読んで予習する。学習内容を復習する。240
7和田  仁機械力学 2「機械力学 2」に関する部分を読んで予習する。学習内容を復習する。240
8和田  仁機械力学 3「機械力学 3」に関する部分を読んで予習する。学習内容を復習する。240
9和田  仁熱力学 1「熱力学 1」に関する部分を読んで予習する。学習内容を復習する。240
10和田  仁熱力学 2「熱力学 2」に関する部分を読んで予習する。学習内容を復習する。240
11和田  仁熱力学 3「熱力学 3」に関する部分を読んで予習する。学習内容を復習する。240
12和田  仁流体力学 1「流体力学 1」に関する部分を読んで予習する。学習内容を復習する。240
13和田  仁流体力学 2「流体力学 2」に関する部分を読んで予習する。学習内容を復習する。240
14和田  仁流体力学 3「流体力学 3」に関する部分を読んで予習する。学習内容を復習する。240
15和田  仁まとめこれまでの学習を総復習する。240
教科書
「機械工学概論」 佐藤金司・鳥飼欣一・村田良司著 共立出版
参考書
なし
備考
なし